1行紹介

ノンフィクション・ライター。専門は宇宙開発とパソコン。

自己紹介文

  松浦 晋也

 ノンフィクション・ライター。宇宙作家クラブ会員。 1962年東京都出身。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒、同大学院政策・メディア研究科修了。日経BP社記者として、1988年〜1992年に宇宙開発の取材に従事。その他メカニカル・エンジニアリング、パソコン、通信・放送分野などの取材経験を経た後、2000年に独立。
 宇宙開発、パーソナルコンピューティング、通信・放送、交通論、組織論などの分野で執筆活動を行っている。

著書:
「H-IIロケット上昇」(日経BP社、1997年)
「われらの有人宇宙船」(裳華房、2003年)
「国産ロケットはなぜ墜ちるのか」(日経BP社、2004年)
「スペースシャトルの落日」(エクスナレッジ、2005年)
「恐るべき旅路 火星探査機のぞみがたどった12年」(朝日ソノラマ、2005年5月)
「日本列島は沈没するか?」(共著:早川書房、2006年)
「エルピーダは蘇った」(日経BP社、2006年)
「宇宙へのパスポート3」(笹本祐一著、解説者として参加、2006年)
「コダワリ人のおもちゃ箱」」(エクスナレッジ、2007年)
「昭和のロケット屋さん」(エクスナレッジ、2007年)
「増補版 スペースシャトルの落日」(ちくま文庫、2010年)
「飛べ!「はやぶさ」 小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険」(学研、2011年)
「小惑星探査機「はやぶさ」大図鑑」(共著、偕成社、2012年)
「のりもの進化論」(太田出版、2012年)


[2013.4.29記]