« 人前で話をする | Main | 古巣の会社に打ち合わせに行く »

2004.03.29

ひたすら眠る

 28日は起きたら午後5時。風呂と食事という生きるための最低限のメンテナンス作業を行い、また寝る。こういう日は引用でごまかすことにする。

宝石の限りない
眠りのように

——西脇順三郎「宝石の眠り」より

 西脇順三郎の詩は大好きだ。今は代表作「旅人かへらず」も入手可能になってるので、よろしければ読んでみて欲しい。SFファンには、田中芳樹氏の「銀河英雄伝説」第8巻で「魔術師、還らず」として本歌取りされていることで有名かも。

おやすみなさい。

|

« 人前で話をする | Main | 古巣の会社に打ち合わせに行く »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

59erのいい歳のオヤジなのですが、
西脇順三郎さんを知りませんでした。
「へ? (西堀栄三郎さんて)詩も書いて
いたんだあ!?」なんてしばらく言語道断な
感心をしていました。なさけなし。:-)

その後、ググってバカの壁を1nm低くしましたが。


Posted by: Kimball | 2004.04.04 at 10:26 AM

 西脇順三郎は私のアイドルのひとりです。武蔵野的無常観というべき質感が、武蔵野台地で育った自分にはたまりません。

 高校までの国語の教科書が萩原朔太郎から谷川俊太郎に飛んでしまうのは、私にしてみれば犯罪です。なぜ、北園克衛、西脇順三郎、滝口修造を掲載しないのか!!(←かたよってます)

 西堀栄三郎もすばらしい先覚者ですよね。「石橋を叩けば渡れない」は名言だと思います。

Posted by: 松浦晋也 | 2004.04.04 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/365247

Listed below are links to weblogs that reference ひたすら眠る:

« 人前で話をする | Main | 古巣の会社に打ち合わせに行く »