« できるということを考える | Main | 本日2回、うわっ、と思う »

2004.08.25

SF大会の補足をする

 SF大会で、私が出た企画「国産ロケットはなぜ墜ちるのかvs宇宙へのパスポート2」をごらんになっていた方のためにちょっと補足する。

 私はスペースシャトルを大失敗作だと言い、「スペースシャトルはいわばエアラクーダみたいな機体」と言ったが、エアラクーダってこんな機体です。ちょっと細かい解説はこっち

 ベルXFM-1エアラクーダ、プッシャー式のエンジンナセルに人間が乗る砲座がついた5人乗りの双発戦闘機!!

 でかくて無駄で間抜け。これを駄作と言わずして何を駄作というべきかという、アメリカンテイストいっぱいの駄作機である。

 で、「国際宇宙ステーションってのは要はカプロニCa60みたいなものだ」といったのは、まあこんな機体です。飛行機がどんな形状でであるべきかが分かる前に先走っちゃって、でっかいものを作ってしまった例。詳細はこちら

 実に壮大な計画だが結局飛ばなかった。

 私が何を言いたかったかおわかりいただけたでしょうか。

|

« できるということを考える | Main | 本日2回、うわっ、と思う »

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SF大会の補足をする:

« できるということを考える | Main | 本日2回、うわっ、と思う »