« GWBを巡る2つの話題を紹介する | Main | 主力機を更新する »

2005.05.16

宣伝:新著「恐るべき旅路」が5月23日に発売されます

nozomiscan2

 立て続けですが、 新著がもう一冊。「恐るべき旅路」(朝日ソノラマ刊 税込1400円)が、5月23日に発売されます。(amazonbk1)

 1998年7月、日本初の惑星探査機「のぞみ」が火星に向けて打ち上げられた。27万人の署名を搭載し、「のぞみ」は火星を目指す。しかしその道のりは長く苦難に満ちたものとなり、結局2003年12月、「のぞみ」は火星周回軌道投入を断念し、探査は失敗した。火星探査機「のぞみ」は、どのような経緯で着想され、誰がどのようにして開発し、どのような経緯を経て探査断念に至ったのか。その過程を追ったノンフィクションです。

 タイトルの「恐るべき」という形容は、「のぞみ」のたどった数奇な運命を表していますが、同時に開発に費やされた努力、そして数々のトラブルに対して関係者が見せた信じがたいほどの粘りにもかかっています。
 いかな努力をしても結果が失敗なら、成果は得られません。しかしだからといって努力が無意味ということではありません。では、「のぞみ」の苦闘は何を残したのか。

 自分で読んで、確かめ、そして考えて下さい。

|

« GWBを巡る2つの話題を紹介する | Main | 主力機を更新する »

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

ようやっと書き上がりましたね。
おめでとうございます。
さっそく注文してきます。

Posted by: おおむらゆう | 2005.05.16 at 10:16 PM

こっちが去年からペンディングになっていたほうですね (笑

Posted by: argo | 2005.05.17 at 12:19 AM

「恐るべき」には称賛の意味が込められているのでしょうが、松浦さんの一連の批判本の流れから、題名だけ見て叩き本と受け止められないかと心配です。

Posted by: ROCKY 江藤 | 2005.05.17 at 02:51 AM

>題名だけ見て叩き本と受け止められないか

 う、それは想定外でした。困ったな。

 後書きには書いたのですが、この題名には元ネタがあります。私としては先人への尊敬の念も込めた題名なのですが。

Posted by: 松浦晋也 | 2005.05.17 at 11:01 PM

元ネタはアラン・ムーアヘッド「恐るべき空白」ですか。豪州探検の。

Posted by: 野尻抱介 | 2005.05.18 at 02:07 AM

>「恐るべき空白」
 その通りです。ムーアヘッドのいくつかの作品からは、学ぶところが多かったです。

 最近再刊していますね
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152086351/249-2824673-2269145
 あ、「パリは燃えているか」も再刊しているじゃないか。

Posted by: 松浦晋也 | 2005.05.18 at 09:43 AM

本日 本屋に発注しました シャトルのは 来週入荷といわれました いっしょに来そうです

Posted by: 上野 | 2005.05.20 at 02:44 PM

両方注文しました。Planet-Cは頑張らなくては。

Posted by: 鈴木 | 2005.05.20 at 10:35 PM

 皆さん、どうもありがとうございます。現在は戦々恐々としながら反響を待っているところです。

 うう、恐ろしい…

Posted by: 松浦晋也 | 2005.05.21 at 11:22 AM

 ご無沙汰しております。
 「恐るべき旅路」、早速購入し、読ませていただきました。
 この本を読んで思ったのは、あややの「I LOVE YOUの続き」という「渡良瀬橋」
http://www.up-front-works.jp/discography/zetima/25/s_15/namelist.html
にカップリングされている唄をイメージした内容だということです。
 もしかしたら、この唄を聴きながら執筆されていたのでは?と思いました。
 私が、あややの「I LOVE YOUの続き」を聴きながら読んだところ、2倍以上感動しましたので、この本を持っておられる方はぜひ、この唄を聴きながら読んでみてください。
 特に、のぞみのプレートの名前に託した人々の想いや宇宙への灯篭流しと書かれた節は涙なくしては読めませんよ。

Posted by: 上杉 | 2005.06.12 at 07:17 PM

 拝読いたしました。関係者の素晴らしい結束と崇高な理念がよどみない文体でひしひしと伝わってまいりました。あ、P133左から5行目が1886年になっていましたけど…。(←せっかくほめたのに余計なことを!>おれ)
 
 僕も署名はがきを送っていなかったらこうしてこの本を手にすることはなかったと思うのですが、ええほんとに、あの署名話は泣きながら読みましたし、ともかく途中でやめられずに一気に読まされました。ああもう。

Posted by: ukt | 2005.06.13 at 07:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/4145515

Listed below are links to weblogs that reference 宣伝:新著「恐るべき旅路」が5月23日に発売されます:

» 恐るべき旅路~火星探査機「のぞみ」がたどった12年 [inu's today]
>去年の12月に予約注文した本がやっとで来ましたw(まあ著者のblogで状況は掴めてましたが) とりあえず1/3ぐらいまで読みましたが、コレはいい本だ! 宇宙開発で失敗があると表層だけ見てすぐ騒ぎ出すマスコミにぜひ読んでほしいですな。(まず無理だが)... [Read More]

Tracked on 2005.05.24 at 12:18 AM

» 嬉しい本が出版されたこと [FIAWOL−blog「人生は四十一から」]
やまけんの全国出張食い倒れガイド 山本謙治 フォーバイフォーマガジン社 (amazon) スペースシャトルの落日 失われた24年間の真実 松浦晋也 エクスナレッジ (amazon),(bk1) 恐るべき旅路 火星探査機「のぞみ」のたどった12年 松浦晋也 朝日ソノラマ (amazon),(bk1)  一応、物書きで食べていることになっているので友人・知人の本が出ることは珍しいわけではないのだが、それでも、その人が力を入れていたことを知っている本が出... [Read More]

Tracked on 2005.05.25 at 04:46 AM

» 本: S.MATSUさん著『恐るべき旅路』 [argo; 星と宇宙と・・ (メイン・ページ)]
もう一冊、S.MATSUさんの新著です。出る案内が昨年7月にオンライン書店のメールマガジンでありました、、、、、それから待つこ [Read More]

Tracked on 2005.05.29 at 07:48 PM

» 本: S.MATSUさん著『スペースシャトルの落日』 [argo; 星と宇宙と・・ (メイン・ページ)]
S.MATSUさんの新著が2冊出ました。まずは、『スペースシャトルの落日』。まだ読んでいませんが、わくわく ^^; [Read More]

Tracked on 2005.05.29 at 07:51 PM

» 書籍「恐るべき旅路」 [素人1500mクラブ]
 詳しくは著者様のブログをご参照ください。  27万人の署名を載せて宇宙に飛び立 [Read More]

Tracked on 2005.06.04 at 07:24 PM

» ■宇宙3題  スーパーノバ 超新星爆発
    新刊メモ 『恐るべき旅路』 『スペースシャトルの落日』
[★究極映像研究所★]
◆NASAのハッブル宇宙望遠鏡がとらえた超新星爆発。これは地球から16万光年離れ [Read More]

Tracked on 2005.06.10 at 12:08 AM

» 恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―(松浦 晋也)[Review] [ただのにっき]
日本の宇宙開発を扱った本は、涙腺が緩んじゃうから通勤中に読むのはヤバい。その原因をたどるとすべて「貧乏」に行き着いてしまうのがまた、実に悲しいわけだが。でもまぁ、本書は評判もいいし、「のぞみ」を総括した本なんて、後にも先にもこれ以外に出そうにないので、読んでおかねばなるまい。 副題には「のぞみのたどった12年」と書いてあるけど、その胎動は1970年から始まっており、前半部は打ち上げまでの紆余曲折が書かれている。のぞみ�... [Read More]

Tracked on 2005.08.20 at 12:15 AM

» 「恐るべき旅路」を読んで [SSD President BLOG]
本書は、火星探査機「のぞみ」のたどった12年間における科学者、技術者の苦闘を見事に綴っています。日本惑星協会のTPS/JメルのYMコラムで多少の事情は知っていたのですが、これほどのドラマがあったとは知りませんでした。個人的には、大学で惑星探査機の軌道設計を勉強したことが有るので、燃料節約のための川口先生のスウィングバイ軌道の設計には驚嘆させられました。日本発の惑星探査機は火星周回軌道には乗りませんでし... [Read More]

Tracked on 2005.08.30 at 06:35 AM

» ここは酷い宇宙開発運ですね [障害報告@webry]
BlogPetが実にでたらめな占いをしてくれる 本文中からいろいろ抽出してくるみたいなんだけどね  (´・ω・ω・ω・`)占い:暗澹運まずまず  kiji=12663漂流する暗澹の都市計画。 この前は都市計画運まずまずであった。意味がわからんな実にめでたい... [Read More]

Tracked on 2005.11.12 at 02:43 PM

» 降下カウントダウン [つぶやき]
イトカワへの降下のカウントダウンが半日延期されたそうです。20日の午前中か...... [Read More]

Tracked on 2005.11.18 at 09:23 AM

» 恐るべき旅路 [SpiritualSphere]
以前から読みたいなぁとおもっていた書籍を本屋で見かけたので購入~。 恐るべき旅路... [Read More]

Tracked on 2005.12.25 at 11:55 PM

» 恐るべき旅路 [さぁ、空を見上げよう。]
はやぶさ関連でおなじみの[松浦晋也のL/D]管理者、松浦氏の著書である[恐るべき旅路]、今月上旬に買っていたのですが、ようやく読むことが出来ました。 火星探査機「のぞみ」は1998年7月4日にM-V3号機により打ち上げられ、1999年10月の火星到着後、火星大気と磁場、プラズマの関係を明らかにする予定・・・でした。 打ち上げ後、順調な飛翔を続けていた「のぞみ」を襲ったバルブのトラブル。 地球を利用したパワー・スイングバイは失敗し、軌道変更を余儀なくされました。 その後も「のぞみ」は電気系のトラブ... [Read More]

Tracked on 2006.03.26 at 09:08 PM

» お勧めの本(3) 恐るべき旅路~火星探査機「のぞみ」のたどった12年~ [余計な一言]
お勧めの本、第3弾は、これまでと違って、かなり硬派な本です。 そして、私が宇宙に興味を持つきっかけになった本です。 「恐るべき旅路 火星探査機『のぞみ』のたどった12年(松浦晋也著/朝日ソノラマ刊)」 「宇宙へのパスポート」シリーズで旅の仲間&解説をしている松浦晋也氏の著作。 ISASって知ってますか? 文部科学省・宇宙科学研究所の事です。 元々、糸川英夫が率いた東京大学・生産技術研究所の末裔で、今は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の一部門として、鹿児島・内之浦から学術研究... [Read More]

Tracked on 2006.08.26 at 09:53 PM

« GWBを巡る2つの話題を紹介する | Main | 主力機を更新する »