« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.12

梅酒を漬ける

umesyu

 今年は念願の梅酒を漬けた。

 私は梅酒が大好きだ。梅酒の味覚は小学生の自分の夏休みの記憶と分かちがたく結びついている。あの頃、夏とはいっても、38℃などという気温になることはまずなかった。太陽光線も心なしか今よりもやさしかった覚えがある。33℃と聞くと「うわ、暑い!」と思ったものだ。
 たかだか30年ほどのタイムスパンだが、記憶の夏と現在の夏を照合すると、地球温暖化は明らかに進行していると思える。

 そんな夏休み、おやつに出てくる梅酒がとても楽しみだった。あの頃母は、毎年1瓶梅酒を漬け、夏に1瓶飲み切るのを常としていた。私は梅の味も、甘く溶け出した氷砂糖の味も、もちろん水で思い切り薄めた後もほのかに残るアルコールの味わいも大好きだった。ろくでもない小学生ではある。みんなで押しかけた友達の家でも、おばさんが梅酒を出してくれた。一人が極端にアルコールに弱く、真っ赤になってしまうということもあった。

 そんな記憶があるので、以前から自分でも梅酒を漬けたいと思っていた。まして今年は妹がシバース・リーガルの梅酒などを飲ませてくれたのだ。そうか、うまい酒で漬ければ旨い梅酒になるのか、ってなもんだ。ホワイトリカーだの果実酒用ブランデーなどではなく、普通に飲んでもうまい酒で漬ければ、おいしい梅酒ができる。それならやらずばなるまい。

 当初は泡盛で漬けようかと思っていた。東京は飯田橋にある沖縄料理屋「島」では、泡盛で漬けた梅酒を飲むことができる。甘くなく、すっきりしており、非常においしい。レシピを聞くと、砂糖を使わずに普通に梅を漬けて3ヶ月という。これを作ろうと思っていた。

 しかし、梅の果汁がしみ出すには氷砂糖が必須という説もある。氷砂糖を入れないとカビが出るとも。
 さらには、折悪しく、近所の酒屋で適当な泡盛を入手できなかった。そこで、酒は奄美大島の黒糖焼酎、氷砂糖は通常レシピの半量ということにした。

 なにしろ意地汚いので広口瓶は5リットルのものを使用。広口瓶の内部を無水エタノールで入念に消毒する。そこにへたを取って洗った南高梅と氷砂糖を交互に積んで入れて、最後に上から30度の黒糖焼酎を注ぐ。

 カビがでるかどうかは微妙なところかも知れない。もう少し小さな瓶で条件を変えて漬ければよかったか、と少々後悔する。

 すべては一年後のお楽しみだ。

 ところで妹は、またとんでもない酒で梅酒を漬けているようだ。彼女の家の方面からは「17年ものを…」とかいうひそひそ声が聞こえているのだが、はて。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »