« NASA有人月探査復帰に対して | Main | 甕出しの上澄み紹興酒を堪能する »

2005.09.21

巨大台風再び、で気象制御を妄想する

 この前のハリケーン「カトリーナ」に引き続き、アメリカ中部メキシコ湾岸にハリケーン「リタ」が接近しつつある。台風規模は着々と大きくなり、またしても最大級の「レベル5」に達した。

 カトリーナの被害がはっきりした時に、「巨大台風で、アメリカ京都議定書へ復帰、と妄想する」という記事を書いた。その後調べてみると、確かに「台風の大型化は地球温暖化のせいだ」という意見があるものの、一方で「台風の大型化は長期気候変動のせいであり、温暖化とは関係ない」という声もまた強いらしい。

 特に最後のニュースは「全米ハリケーンセンターの所長が議会で、ハリケーンの増加は地球温暖化が原因ではないと証言した」というもので非常に興味深い。

 環境問題が話題になり、その規制が経済に影響を及ぼす場合、かならずこういう反論が出てくる。確かフロンガスを規制するかしないかで揉めた時は、確か「オゾン層破壊は皮膚ガンの発生率に影響しない」という論文が出ていたと記憶する。

 もう少し、アメリカが積極的に考えてくれたらな、と私は思う。地球温暖化はハリケーン増加の原因ではないかも知れないが、二酸化炭素排出量を減らせば長期気候変動を積極的にコントロールでき、ハリケーン被害を減らせる——というように。前にも書いたが、二酸化炭素排出規制は、単なる環境保護ではなく、気候制御という巨大な夢につながっているのだ。

 そうこうしているうちに、「リタ」はニューオリンズに再度大雨を降らせそうな状況になってきた。ひどいことにならないよう祈るしかない。

 ところで、味噌漬け続報。

 生鮭の切り身を付けてみた。うはははは、最高だ。ご飯が進むこと進むこと。あんまり食い過ぎるとまずいぐらいだ。

 野菜を漬けるとおいしいという話も聞いたので、魚で一巡したら野菜でやってみるつもり。


9月23日追記
 林譲治さんの指摘で、小松左京「極冠作戦」が、地球温暖化進行の過程を予言的に描いているのを思い出した。

 大気中の二酸化炭素濃度上昇により海面が上昇するという指摘に対して、経済活動を優先しようとした体制側は、温暖化による海面上昇は起きないと主張する科学者をバックアップするのである。そうこうしているうちに手遅れになり、地球は温暖化して海面は上昇、広大な土地が海に飲み込まれてしまった——。

 現在アメリカで起きているのは、この短編SFとまったく同じことなのかも知れない。

 実際問題として、科学者として「正しいことを主張しろ」と言われても困惑するだけだろう。何が正しいかなどは、時間をかけて実証しなければわかりはしない。しかし、時間をかけている内に手遅れになりかねない問題だったらどうするか、どう振る舞うのが正しいのか。

 とりあえず文学の側からの問題指摘は、そろそろ40年近く前になされているわけだ。これにどう答えるべきなのだろうか。


 「極冠作戦」は現在この短編集に収録されている。収録作は以下の通り。

 ・物体O
 ・お召し
 ・終りなき負債
 ・自然の呼ぶ声
 ・彼方へ
 ・五月の晴れた日に
 ・石
 ・黴
 ・袋小路
 ・牙の時代
 ・静寂の通路
 ・極冠作戦

 どれも作者三十代から四十代の、力が充ち満ちていた時代に書かれた名作揃いだ。読むべし。

|

« NASA有人月探査復帰に対して | Main | 甕出しの上澄み紹興酒を堪能する »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

Comments

Scott Stevensのことかと思いました。(^^;

http://www.allheadlinenews.com/articles/7000223233

Posted by: カソトワ | 2005.09.22 05:53 PM

 ヤクザがハリケーンを起こせるなら、日本は自衛隊も日米安保も不要ということになりますがな。ヤクザで台風一発、砲艦外交ならぬ台風外交が可能になりますぜ。

Posted by: 松浦晋也 | 2005.09.22 11:34 PM

 元寇を撃退したのもYakuzaの手柄だったとわ!

Posted by: ROCKY 江藤 | 2005.09.23 01:41 AM

長期的な気候変動であり、温暖化は炭酸ガス濃度上昇と別。
そういう考え方には、引かれます。
恐竜時代に戻ると云わなくても、縄文時代の気候に戻るだけです。
フランス革命や産業革命は、小氷期にたいする、白人の生存競争の知恵の木の実であり、その結果温室効果ガスが増えて気候が回復したと思えば、生物の合目的行為の結晶で、別の意味での「気象制御を妄想する」わたくしです。

物体Oが首都消滅とどう違うのかは、映画の話が出たときに、理解出来ませんでした。いまでの分別不能です。そう云う意味では良い文庫ですね。

#メールはスパムよけ tky ->kkr

Posted by: sionoiri | 2005.09.23 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 巨大台風再び、で気象制御を妄想する:

» ハリケーンの影響で、JSC閉鎖 [Mysterious Space 日記]
Hurricane Ritaハリケーン「カトリーナ」で大きな被害が出たアメリカだが、今度は大型ハリケーン「リタ」がテキサス州に接近し、上陸する恐れが出てきている。 アメリカ気象当局の発表によると、「リタ」は既にレベル5の最高レベルに達し、風速70mを超えたようだ。ヒュー....... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 08:14 PM

» ハリケーン被害の現地調査結果を公表 [Anzen-Anshin.News]
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20050930/125116/ カトリーナの被害が、はっきりしてきました。 関連サイト http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/11/110930_.html http://hiddennews.cocolog-nifty.com... [Read More]

Tracked on 2005.10.04 11:26 AM

» ツアー中のRollingStones、FreeCDによるニューオーリンズ救済支援【更新】 [”Mind Resolve”]
   Nice to meet you.          このページは みなさんのコメントやトラックバックにより、      必要に応じて記事内容を更新してゆきます。      特に、先のハリケーン被害における?ニューオーリンズ関係の      積極的なご意見を反映させる意... [Read More]

Tracked on 2005.12.13 09:38 PM

« NASA有人月探査復帰に対して | Main | 甕出しの上澄み紹興酒を堪能する »