« 「はやぶさリンク」:イトカワの全球マッピング終了! | Main | 「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見その2 »

2005.11.01

「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見

 午後5時から、宇宙科学研究本部にて、これまでの成果を総合的にレクチャーする記者会見が開催された。

 疑似カラー画像を含む写真が大量に公開されている。数時間のうちにJAXA/ISASホームページに掲載されるだろう。

 以下は記者会見の内容を聞きながらとったメモ。

 「はやぶさ」は工学試験機であり、小惑星探査は「せっかく行くのに何もしないのはもったいない」という位置付け。

 まず打ち上げ以降の工学成果から。

・イオンエンジンと地球スイングバイ
 推力2gfのイオンエンジンで、500kgの探査機を約10ヶ月加速し、地球から3700kmの位置をスイングバイ。誤差1km以下。10億kmの航行後の誤差1km以下である。

・光学複合航法によるイトカワへの接近。
 「はやぶさ」搭載の星姿勢計でイトカワを撮影し、事前の計算位置と比較、イトカワの軌道計算を更新。
 20億kmを旅して、500mの小惑星に正確に到達。地上で例えると、東京から2万km離れたサンパウロの5mmの虫を撃ち落とすことに相当する。

・イトカワ上空の静止化
 9月12日以降、イトカワ上空3.2kmに滞在。もしもイトカワと1cm/秒の相対速度があると、4日でイトカワと衝突。1〜2日に1回の頻度で、数mm/秒の修正を実施している。

・はやぶさの位置
 9月12日:イトカワ到着
 9月12日〜26日:ゲート・ポジション(イトカワから20km)に移動
 9月27日〜29日:ホーム・ポジション(イトカワから7km)に移動
 9月30日:ホームポジションに到達

 降下には太陽輻射圧を使用、上昇はジェットを使用。

 以下、理学観測について。

・イトカワの特徴
 大きさは540m×270m×210m、体積は0.018立方キロメートル。地上観測による推定と1割ほどの差があった。自転周期は12.1時間。北極は黄道面座標の南極方向にある→逆回転。
 密度は2.3プラスマイナス0.3(残念!金はないでしょう)。典型的な岩石よりやや軽い。内部に空隙がある可能性が高い。形状中心と質量中心がほぼ一致しており、自転軸のふらつきもほとんどない。内部の物質の偏りはほとんどないようだ。

・表面状況
  レゴリス(砂礫)に覆われていない部分がある。砂礫に覆われていない、岩の露出した小天体表面が観測されたのは初めて。レゴリス表面にクレーターが極端に少ないので、年代が若いと推定される。レゴリスの粒子サイズは検討中。
 特異な巨大岩塊が存在する。最大のものは長さが約50m。切り立った岩塊が存在する。イトカワ上の大型岩塊は、イトカワ上のクレーターの衝突によっては生成しないほど大きい。反射率の異なる岩塊が存在する。

・低重力下の特徴的な地形
 レゴリスが表面重力に応じて集まっている様子が認められる。岩塊が集まって存在している地域がある。北極へのレゴリスの盛り上がり構造が存在する。

・クレーター
 いくつかはっきりしたクレーターが存在するが、岩塊の中にクレーターがあるので見つけにくい。80m程度のものまで認められる。サイズ、数など調査中。

・反射スペクトル
 輝石やカンラン石の特徴を持つスペクトルが見える。

・形状モデル、地図を作製中。

・イトカワ成因推定
 大きな母天体が破壊した時にできた破片か、破壊ぎりぎりの衝突で放出された破片である可能性がある。

 記者会見は続いていますが、まずはここまで。

|

« 「はやぶさリンク」:イトカワの全球マッピング終了! | Main | 「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見その2 »

はやぶさリンク」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/6823529

Listed below are links to weblogs that reference 「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見:

» 着地点命名 [kayakaya日記]
松浦晋也のL/D「「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見その2」によると、探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着地する地点の名付け親になれるそうです。小規模地形なので、着陸・試料最終地点は、世界的に公認された名前とはならない。発見者としてのJAXAが、その命名を宣言する。名前は公認ではないで... [Read More]

Tracked on 2005.11.01 at 10:17 PM

» がんばれ「はやぶさ」くん [蕎麦処 ぱろある亭]
衛星「はやぶさ」が、星の王子様に出てきそうな小さな星「いとかわ」に着陸して、星の [Read More]

Tracked on 2005.11.04 at 01:14 AM

« 「はやぶさリンク」:イトカワの全球マッピング終了! | Main | 「はやぶさリンク」:午後5時からの記者会見その2 »