« 大叔父の葬儀に参列する | Main | 羅須地人鉄道協会に行く »

2005.12.02

ロケットまつり9に出演する

 午後遅くから新宿に出て、ロフトプラスワンに出演。会場に着くと、すでに林紀幸さんは来ていた。打ち合わせをするうちに垣見恒男さん到着、ロフトの斎藤さんが「あさりさんまだなんですけど、どうしよう。電話したほうがいいですよねえ」と言っている内にあさりよしとおさん到着。
 今回の目玉は垣見さんの秘蔵資料だったのだけれど、この面白さがお客さんにうまく伝えられたかどうか。垣見さんが、次々に「この人はだれ、この人はこういう人で」と説明する。私は当時の人間関係をある程度調べていたから、ああなるほどなのだけれど、予備知識がないとつらかったかもしれない。

 それでも、ロケットの直径が735mmのラムダになった時点で、当時の富士精密のロケット部門を率いていた戸田康明氏が「これ以上大きなものはよう作りません」と東大に申し入れていたというのは知らなかった。しかもその時、戸田氏の部下だった垣見さんが、密かに糸川博士と「次の次の世代の直径3mロケット」を検討していたのだ。そのLD-3という試案が、30年もの間、様々な人々の手を巡り巡って現在のM-V(直径2.5m)へと結実するのである。

林「なんでミューは直径1.4mになったか知っていますか。それは糸川先生が、ロケットの大きさに制限をかけられるとなったときに、1.4mだと言ったからなんですよ」
垣見「いや、そうじゃないんだ。僕は本当の理由を知っている」
林「え、そうなんですか」
垣見「1.4mというのは私が決めたんです」(会場大爆笑)
松浦「確か松尾先生なんかが計算していた試案では、直径1.2mで、それを糸川博士が1.4mにしろ、と押したとか」
垣見「そう、でも1.4と決めて計算したのは私です」
林「でもなんで1.4mだったんです?」
垣見「忘れちゃったよ、そんなこと」(再び会場大爆笑)

 途中で、会場に来て貰っていた小野英男さんにも壇上に昇って貰う。日本電気で「おおすみ」以降の初期の科学衛星を作った人だ。実は数日前に私とメールのやり取りがあり、「来られますか」「行くよ」ということになってやってきた次第。
 これで終わりと、締めの言葉を言おうとすると、林さんが「ちょっと待って」と、この日最大のサプライズをぽんと机の上に置いた。会場大騒ぎ。さらには終了後のあさりさんによる困ったDVD上映もあり、とりあえずはお客さんに満足してもらえた模様。良かった。

 だが、今回一番意味があったのは、来場していた東海大学のロケットグループ学生と林さんや小野さんの間で、連絡が付いたことじゃないかと思う。退職したベテランは、現場のノウハウを豊富に持っている。文書にはなっていないが、それなしには物事を進められないという種類の智恵だ。そのようなノウハウが若い世代に伝えられるなら、それは素晴らしいことだ。今回すでに、休憩時間中に林さんが、東海大学の学生達に射場安全について解説していた。

 これからロケットや衛星を作ろうと考えている学生さん、おられたら、とりあえずはロケット祭りにおいで下さい。我々の知る範囲なら、教えを請うべきベテランを紹介いたします。

 ちょっとだけ打ち上げに出席し、終電で帰宅。明日は明日でまた朝からやることがあるのだった。

|

« 大叔父の葬儀に参列する | Main | 羅須地人鉄道協会に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様でした
あの垣見さんのDVDは、可能ならば何種類かのメーカーのメディアでできるだけあちこちにばら撒いておかないと、「気づいたときには読めない」ということになりそうで怖いですね。
なんだか、いまのところ「まとめたからこれで安心」みたいな雰囲気を感じたので少し気になっています。

Posted by: PAKU | 2005.12.06 11:58 AM

こんにちは。

松浦先生がブログの中に書いて下さった、
東海大学学生ロケットプロジェクトの者です。

今回は、参加者方々のおもしろい話が聞けた
だけでなく、ロケットに関わる者として気をつけて
おくべき事や心構えを、直接林さんや垣見さんから
伺う事が出来、私達にとって非常に有意義な
時間になりました。本当にありがとうございます。
先駆者の方々から頂いた、ご意見やアドバイスを
これからの活動に生かしていきたいと思いますので、
宜しくお願い致します。

Posted by: Kan | 2005.12.08 04:24 AM

松浦様 関係各位の皆様

ロケット祭り、楽しそうですね。
私は既に宇宙関係の社会人なので、指をくわえて見ているのも仕方ないのですが、学生のことを考えると、ロケット祭りをぜひとも地方で開催していただきたいと思います。
中央と比べた場合の圧倒的な情報不足の中、宇宙関連に情熱を持っている学生は地方にも山ほどいます。
とくに、今回参加されたような経験者の方々は、大学の特別講義でもない限り、お話をうかがうことも出来ないのです。
ネットや文献で手に入らない情報(ノウハウ、技)は地方こそ必要としています。

もちろん、地方で開催するには様々な制約や費用の問題があり、厚かましいのは承知の上です。

                     拝

Posted by: Lazy_8 | 2005.12.09 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロケットまつり9に出演する:

» ロケットまつり9 [最近のみーや★]
(入院していたのでアップが遅くなりました) 12月2日(金)18時過ぎに会場に到着すると、すでに地上手前まで1人幅の列が延びてました。 並んでPSPでゲームをしていると松浦さん到着、若干遅刻気味? 会場はいつもどおり満席。 最近参加したほかのロフトプラスワンのイベントに比べると、ぎっちりです。 斉藤さんが「ロフトプラスワンの3大まつり」というだけはあります。 開場時、いつもの斉藤さんの事前説明の時、ロケットまつりの由来につ�... [Read More]

Tracked on 2005.12.22 03:48 PM

« 大叔父の葬儀に参列する | Main | 羅須地人鉄道協会に行く »