« はやぶさは生きていた | Main | あまりにあんまりな記事にがっくり来る »

2006.03.07

本日午後7時からの記者会見

 3月7日午後7時からの、川口淳一郎プロマネの記者会見。質疑応答の要旨です。

 記者発表はJAXAホームページにアップされiています。そちらを参考にしつつお読み下さい。
 
共同通信 化学エンジン推進剤がほぼ全量喪失とあるが、相当残存しているとはどういうことか。採取容器を回収カプセルに移すというのはベーキングから試料を守るということか。

川口 残留しているのはタンク内ではなく、探査機内部や断熱材ということ。タンク内になければ推進剤として使えない。
 また、採取カプセルや回収カプセルに推進剤を入れたくないということ。まずベーキングして外へ追い出してからカプセルを閉じる。

共同通信 では、姿勢制御は化学エンジンではできないということか。

川口 11月末から推進剤系のラッチングバルブを開けようとしてきたが、うまくいかなかった。
 現状は酸化剤も残量センサーの指示がゼロ。これはまだセンサーがこわれているのか、本当に漏洩したかは分かっていない。センサー故障なら、ラッチングバルブをあけば、酸化剤を噴射して姿勢制御することはありうる。

 最悪の場合はイオンエンジン用キセノンを噴射して姿勢制御を行うことを考えている。キセノン残量は42〜44kg。計算上はキセノンによって姿勢制御をしつつ帰還することは可能な量が残っている。あくまでも計算上ではあるが。そもそもイオンエンジンが稼働するかどうかも未確認である。

不明 電源を起動する見込みはついているのか。

川口 説明があまり良くなかったかも。12月初旬に姿勢が大きく乱れた時点で、太陽電池に光があたらず電力がなくなった。1月23日の時点で、地球や太陽から70度はずれた軸でスピンをしていた。はやぶさはイオンエンジンを運転するので大きな太陽電池がついている。現在どんどん太陽を向きつつあるので、ますます電力は増えてきており、ベーキングに必要な電力は確保できる。

毎日新聞 2010年帰還のためのタイムリミットは。

川口 2007年初めではイオンエンジンは2台動いていれば帰ってくる。3台のイオンエンジンが生きているとすれば、1年以上帰還開始時期を遅らせることができる。

毎日新聞 着陸前後の状況のデータは取得できているか。

川口 昨日、本日の段階でデータレコーダーに記録は見つかっていない。一度完全に電源が落ちているので消えた模様。ただし今後精査すれば取り出せる可能性が残っているかも知れない。

東京新聞 テレメトリが取れると言うことでは、帰還に向けた作業は楽になったのか、それとも状況が判明したことで深刻さがわかったのか。どう受け止めているか。

川口 12月初旬と比べると、状況は悪くなっている。12月上旬なら2007年に帰還できる可能性があった。通信途絶ということから考えると、もう天国と地獄だ。この2月3月に回復できる確率は4割程度だった。

東京新聞 バッテリーはもうだめなのか。

川口 バッテリーは短絡が発生しており、充電すると爆発する可能性もある。今後とも使うつもりはない。惑星探査機は日陰がないので太陽電池がしかるべき方向を向いていれば運用が破綻することはない。
 ただし、電力余裕が少ない運用はできなくなる。

共同通信 推進剤漏洩はどこから起きたのか。テレメトリからは分からないのか。

川口 11月末に起きたスピン、速度変化と、今回通信回復した状況でのスピン、速度変化は一致しない。異なる部位が壊れて漏れた模様。どこが壊れたかは難しい問題。「ここがこわれた」という情報がない。

産経新聞 姿勢制御コンピュータやスタートラッカーが動くかどうか分かるのはいつか。

川口 姿勢制御コンピューターの機能は2から3週間で分かる。姿勢制御コンピューターは性格の異なる3系統搭載されており、故障していたとしてもバックアップで対応できると考えている。スタートラッカーは、スピンを止めないと機能を確認できない。今年末頃になる。しかしこれらが駄目になっていたとしても、広角カメラでスタートラッカーを代用するというような方法でできないわけではないだろう。

日経サイエンス キセノンガスで姿勢制御をするのはイオンエンジンを点火するのに必要ということか。

川口 違う。イオンエンジンの中和器からキセノンガスを噴出してその反動で姿勢を制御するということ。

日経新聞 地球帰還は厳しいのか。

川口 テレメトリが取れたことで必要条件を満たした。まだまだ帰還に向けた関門がいくつもある。イオンエンジンその他の健全性を確かめ、それらがすべて正常であれば地球に戻れる。常識的に考えれば厳しい。この探査機が生きていることが奇跡だと思って欲しい。

共同通信 ベーキングまではスピンした状態なのか。

川口 そうだ。スピンの状態でベーキングを行う。イオンエンジンの運転に合わせて三軸制御を確立する。イオンエンジンを運転しつつイオンエンジンで姿勢制御をするということになる。
 生ガスを中和器から吹いて姿勢制御するかは検討中。イオンエンジン停止時の姿勢制御は、生ガスの中和器からの噴射で行うことになるだろう。


 本日発表をした理由は、「新たなリスクをかけた運用が始まる」ということ。この段階で発表しないと「復旧した」という発表ができなくなるので(ここで笑いが起こる)。

週刊ポスト 喜びの声を聞きたいです。1月23日のビーコン取得と、テレメが取れたという時。

川口 信じられなかった。予想よりもずっと強い電波で入感してきたから。運用担当者も「本当かどうか分からないので、地上のアンテナを振って、本当にはやぶさの方向から来ている電波なのか確認してみた」と報告してきた。当日は半信半疑、翌日再度確認して、電子メール交換で全員歓喜した。スピン速度は1周50秒から1分程度で、電波の強弱がこの周期が起こる。1分のうち20秒だけコマンドを受けてくれるという状況だった。その20秒に、うまくコマンドが到達するように地上側で工夫した。

毎日新聞 どの程度の期間停電していたのだろうか。

川口 自然状態では1日0.7度程度姿勢が変わっていくので、かなりの日数は横方向から光が当たっていたはず。

時事通信 ベーキングの目的と、その温度は。

川口 ガスを排出するため。温度は設定運用温度の上限まで上げればいい。ただし時間はかかるだろう。50℃程度。

NHK ベーキング過程でガスが漏れて姿勢が乱れれば、より悪い状況になるのか。

川口 再度姿勢をロストすれば基本的には1月時点に戻るわけだが、それによってなにかが壊れてしまう可能性はある。低温になると回路基盤が膨張率の違いで割れたり回路がはがれたりということが起こりうる。
 ベーキングに使うヒーターは機体の各所に取り付けてある。

NHK イオンエンジンで姿勢制御するということは、イオンエンジンは首振りできるのか。

川口 これからジンバル機構を試験する。中利得アンテナのジンバルと同じ

宇宙作家クラブ 酸化剤が漏れたとなると爆発が起きた可能性はどう考えるか。

川口 まず本当に酸化剤が漏れたかどうかを確認しなければならないだろう。少なくとも酸化剤と燃料が接触してはいないということだろう。

週刊ポスト 次の会見のタイミングは。

川口 帰還を開始したというところだろう。ここの機器の復旧の様子はインターネットで知らせるのでいいのではないかと私は考えている。

広報 会見については別途相談させて頂きます(笑いが起きる)。


 会見終了後のコメントから。

 コーニング運動は1月の通信回復時点で、止まっていたと推定される。
 
毎日新聞「12月に『重病人が手紙を出すためにポストに行くようなもの』と言っていましたが、ポストにいけるようになりましたか」

川口「より重症になっているが、杖のつきかたはうまくなっているのかも知れませんね。」

|

« はやぶさは生きていた | Main | あまりにあんまりな記事にがっくり来る »

はやぶさリンク」カテゴリの記事

Comments

Collaborative translation project has started working at:
http://jspace.misshie.jp/index.php?LbyD%2F20060307-2
協力者募集中です。お待ちしております。

Posted by: RogueEngineer | 2006.03.07 at 09:36 PM

記者発表の図表をみても状況はぜんぜんわかりません。データは全部消えたかもしれない、帰還できないかもしれないと悪い話しが前面にでていることが気がかりです。「がんばっています、きっとなんとかします」と言わないのは専門家の特長なのでしょうか。
記者会見で質問する方は、質問を考えるのはたいへんなのでしょうね。こちらが知りたいことを聞いてくれた社の記事はぜひ読みたいと思いました。しょーもない感想ですみません。

Posted by: KO | 2006.03.07 at 10:50 PM

これから前途多難な旅が始まるのかも知れないけど。。。
とりあえずは。

TO:はやぶさ
おはよう!! (^_^)ノシ

TO:JAXAはやぶさ運用チーム各位
探査機との交信再開おめでとうございます。
これからが試練ですね。がんばってください。
(^▽^)ノノ

Posted by: てらぽん@藤沢 | 2006.03.07 at 11:57 PM

Posted by: さくらぃ | 2006.03.08 at 06:52 AM

松浦さん,おひさです。NPC時代お世話になりました齋藤です。毎日新聞の記事を見ていたらけっこう楽観的に書いてあったのですが,状況は厳しいのですね。よく分かりました。姿勢制御などに使える手段がかなり少なそうで...1つの推進器で3次元的な姿勢制御をする非線形制御(テザー衛星の制御に関する理論でした)なんて話も取材したことがありますので,何年かかっても戻ってくるだろうと期待はしています。

Posted by: appo | 2006.03.09 at 04:24 AM

The Planetary Society上のblog
(参考: http://hayabusa.matome-site.jp/English+Information/#11 )
にて「はやぶさ」関連の情報をフォローしてくださっている、Emily Stewart Lakdawallaさんより、メッセージを頂きました。同時に転載の許可もいただきましたので、以下紹介させていただきます。

---------

松浦氏によるリポートとその翻訳は私にとって大変に価値のあるものです。彼のweblogとJAXAの記者会見のトランスクリプトを通じて、私は他の手段では到底実現できないであろうレベルで、イトカワへの「はやぶさ」のミッションの詳細な状況を理解することが出来ました。それに加え、松浦氏からの情報の英訳が迅速にインターネット上に登場することにより、私はNASAやESAのミッションのレポートでかつて経験した「探査機に乗って旅をする」ような感覚で「はやぶさ」に起きる劇的な出来事を読者に伝えることが可能になりました。私は、他では読むことの出来ない情報を私のweblog上で見つけることが出来たという、読者からのメールを沢山受け取っていますが、その多くは松浦氏からやって来た情報です。

松浦氏とその情報の翻訳者の方々に、この日本のミッションの劇的な体験をアメリカとヨーロッパへ伝えてくれたことに対する私からの感謝をぜひ伝えてください。

Emily Stewart Lakdawalla
Science and Technology Coordinator
The Planetary Society
http://planetary.org

---------

なお、原文は http://jspace.misshie.jp/index.php?BulletinBoard#v480ffd5 にて参照可能です。
改めまして、松浦さんをはじめとする記者の皆様、The Planetary Society上のblogの存在を含め、充実した英文情報を提供してくださった「はやぶさまとめ」の方々、そしてJSpaceを支えてくださる皆様に感謝したいと思います。

Posted by: RogueEngineer | 2006.03.16 at 10:54 PM

 どうやらどたばたも収束しつつある松浦です。

 これはうれしい!うれしいメッセージです。

 自分のblogに書いたささやかな記事が、RogueEngineerさんはじめ多くの人々の手で翻訳され、世界中に広がっていったことを実感します。

 きっと我々の誰が欠けていてもできなかったことだったんでしょう。

 皆さん、ごくろうさまでした。

 そして、はやぶさの旅は、まだまだ続くのですね。

Posted by: 松浦晋也 | 2006.03.20 at 12:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/8989078

Listed below are links to weblogs that reference 本日午後7時からの記者会見:

» 不死鳥!! [さぁ、空を見上げよう。]
はやぶさくんとの交信回復、正式にプレスリリースが出ました。 先日的川教授がほのめかしておられたのですが、正式発表が出るとまた感無量です。 [「はやぶさ」探査機の状況について(JAXAプレスリリース)] 現在の状況は スラスタの推進剤 : 残量なし イオンエンジン用キセノンガス : 通信途絶時と同圧力。計算上帰還可能 バッテリー : 完全に放電。一部ショートしているので今後利用しない が確認されており、イオンエンジンに関しては未確認。 通信は現在中利得アンテナ(32bps)にて行われているそう... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 09:21 PM

» 小惑星探査機「はやぶさ」との交信が復旧!地球帰還の準備へ [CheshireCat Diary]
小惑星探査機:「はやぶさ」と交信復旧 地球帰還の準備へ 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、小惑星探査機「はやぶさ」について、「地球との交信が復旧し、10年6月の地球帰還に向けた運用を再開した」と発表した。地球から約3億キロ離れた小惑星イトカワの岩石..... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 11:11 PM

» はやぶさ,イルカペイントへの第一歩,F1・フジテレビ,プレーオフ [日々之日記]
_ [宇宙開発] はやぶさ 「はやぶさ」探査機の状況について (JAXAプレスリリース,2006/3/7) はやぶさとの通信が1月下旬から徐々に可能になり始め通信と電力をなんとか確保できるところまで来ました。という解釈で良いと思う。 記者会見も行われ,本日午後7時からの記者会見(松浦晋也のL/D,2006/3/7)にその模様が掲載されています。 地球への帰還は,配管等から漏洩して機体内に残っているであろう推進薬・酸化�... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 11:15 PM

» 「はやぶさ」発見! [宇宙とアニメと日々の徒然]
今夜発表されたJAXAのプレスリリースや、松浦晋也さんのブログの情報によると、昨年末から行方不明になっていた探査機「はやぶさ」ですが、1月下旬から地上との通信が徐々にですが回復し、今月に入って現在位置が推定できるところまで回復したそうです。(記者会見の模様...... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 11:16 PM

» kazweb [PukiWiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
おでかけ(または呑みまたは親ばか)日記 † 2006-03-07 (火) 23:17:40のこと こん † はやぶさタンの鼓動が聞こえた! 公式発表(JAXA) お兄さん、オネェさん、探査機「はやぶさ」の信号受信に成功したぽいっすよ。 公式発表じゃ難しくてよくわからな... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 11:18 PM

» 帰投にむけて... [つぶやき]
はやぶさに関してのプレスリリースが出ました。初めてのお遣いではありませんが(いや... [Read More]

Tracked on 2006.03.07 at 11:42 PM

» [時事]「はやぶさは生きていた!」 [こうせい日誌]
目頭が熱くなりました。小惑星探査機はやぶさとの通信が回復したらしいです。 松浦晋也のL/D: はやぶさはは生きていた http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2006/03/post_7363.html 松浦晋也のL/D: 本日午後7時からの記者会見 http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2006/03/7_8c16.html 「はやぶさ」探査機の状況について | JAXA http://www.jaxa.jp/press/2006/... [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 12:20 AM

» わたしはここにいるよ [辺境哨戒日記]
イトカワへのタッチダウンには成功したものの、その後重篤な機能不全に陥っていた探査 [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 08:51 AM

» 通信復活 [42]
通信途絶状態にあったはやぶさの生存が確認されたそうです 「はやぶさ」探査機の状況について 松浦晋也のL/D: 本日午後7時からの記者会見 スラスタ−の燃料は全て失われ、バッテリーも壊れている状態ですが、それでもなお地球帰還を目指しての運用が始まる模様 プロマネ..... [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 12:09 PM

» はやぶさの現状 (2006/03/07) [Kyan's BLOG II]
「はやぶさ」探査機の状況について | JAXA (2006/03/07) テレメトリデータの取得に至るも,生きていることが奇跡であるような極めて厳しい状況のようです。 [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 02:21 PM

» [科学トピック] Hayabusa alive! [aquila2664日々の記録]
 小惑星探査機「はやぶさ」との通信が復旧した。化学スラスター推進剤を全量喪失した可能性が高いこと。通信途絶中、探査機が極低温に長時間晒されたため、搭載機器の作動に不安があることなど、帰還へのハードルは高い。現在明らかになっている状況を見るに、地球への帰還はちょっと難しいのではないか、と正直思う。しかし、電力喪失後もなお、自律制御系の機能を失なっていない「はやぶさ」探査機のサバイバビリティと、それを地上から支える運用班の粘り強い運用に敬意を表したい。 「はやぶさ」探査機の状況について http://... [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 03:25 PM

» はやぶさとの交信復帰!! [Game's Factoryな日々]
前言撤回 金曜日まで繋がないつもりでしたが、そうも言っていられない事態が! はやぶさとの交信復帰! 状況はまだまだ芳しくないようですが、予想よりもずっと早く みそすり運動(コーニング運動)が安定した様子。 時間があまり無いので正確性に掛けるかも....... [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 06:56 PM

» [その他]探査機はやぶさ [3日坊主のメイドさん]
まさか、こんなに早くはやぶさの続報を聞くことが出来るとは思わなかった。しかもとりあえずとは言え吉報。というわけで、JAXAプレスリリースより。 3月6日には、得られた距離計測データとドップラ情報をもとに、「はやぶさ」探査機の軌道が決定でき、正確な探査機の位置・速度が3ヶ月ぶりに推定できました。「はやぶさ」は現在、イトカワから(概ねイトカワの進行方向に)約1万3千kmの距離にあり、相対速度毎秒約3mで飛行しています。現在の探査機の太陽からの距離は約1億9千万km、地球からの距離は約3億3千万kmです... [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 10:15 PM

» 生きていた「はやぶさ」 [スタパオーナー八ヶ岳日記]
ポカポカ陽気が続き、このまま春になってしまうのかと思えるほどですね・・・空気がト [Read More]

Tracked on 2006.03.08 at 10:52 PM

» はやぶさ復活! [猫じぇらしー日記]
Exciteニュース  はやぶさとの交信回復 帰還は依然、苦難の道 昨年12月から途絶えていた、小惑星探査機「はやぶさ」との 交信が回復、現在位置の取得に成功した。 交信状態はまだ完全ではないものの、 徐々にはやぶさの状態がわかってきたようだ。 取得できたテレメトリーデータによると、姿勢制御用の燃料は 完全になくなっているという。 また、交信途絶後、太陽電池に光が当たらない状態が続いたため、 バッテリー充電量もゼロ、またバッテリー自体もショート状態で、 使用不可能だという... [Read More]

Tracked on 2006.03.09 at 12:27 AM

» [科学技術]「はやぶさ」との通信回復 [日々題]
小惑星イトカワに送り込まれて着陸に成功したものの姿勢制御がうまくいかずに太陽電池の発電量の低下から一時的に通信が途絶していた探査機「はやぶさ」との通信が回復したとのこと。姿勢制御がうまくいかずにコーニング運動というものを起こしていたので、太陽に太陽電池を向けることができずに電力が落ちていたとのことですが、これが自然に収束して太陽の方向を向き、電力が回復して通信ができるようになったようです。コーニ�... [Read More]

Tracked on 2006.03.09 at 12:49 AM

» はやぶさはまだ生きている [Ohashi's Digital Telescope]
リンク: 松浦晋也のL/D: 本日午後7時からの記者会見. http://app [Read More]

Tracked on 2006.03.09 at 01:54 AM

» JAXA宇宙飛行士3名 NASAでミッションスペシャリスト認定(記者会見) [SKY MONOLOGUE]
↑フライトスーツ姿で記者会見  左から古川さん、星出さん、山崎さん(2006.3.8 JAXAにて) 科学ジャーナリス [Read More]

Tracked on 2006.03.09 at 09:11 AM

» 生きていた「はやぶさ」 [スタパオーナー八ヶ岳日記]
ポカポカ陽気が続き、このまま春になってしまうのかと思えるほどですね・・・空気がト [Read More]

Tracked on 2006.03.10 at 11:51 PM

» はやぶさとの交信が回復 !? [argo; 星と宇宙と・・ (メイン・ページ)]
2005年11月に小惑星イトカワから離陸後に姿勢が乱れ、地球との交信が途絶していた探査機「はやぶさ」との間で、「32bps」と低 [Read More]

Tracked on 2006.03.14 at 02:16 AM

» はやぶさとの交信が回復 ?!! [スペースフォーラム 〜天文と宇宙]
2005年11月に小惑星イトカワから離陸後に姿勢が乱れ、地球との交信が途絶してい [Read More]

Tracked on 2006.03.14 at 02:18 AM

» はやぶさセミナーご案内 [加藤のJAXA勝手応援団]
東海地区のはやぶさファンの皆さんへはやぶさセミナーのご案内を [Read More]

Tracked on 2006.03.17 at 02:24 PM

» えっ!野口聡一さんがM+に!! [[M+] DJ TARO plus STAFF blog]
3月23日(木)のM+になんとあの、宇宙飛行士の 野口聡一さんやってきます! 宇... [Read More]

Tracked on 2006.03.20 at 01:13 PM

» 2006年3月分 [PukiWiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
おでかけ(または呑みまたは親ばか)日記 † 2006-03-30 (木) 23:46:54のこと こん † ここ数日の爆上げ相場にも関わらず自分ポートフォリオがマイナスな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 最近稼働もモチベーションもゆるゆるなんでちょっと気... [Read More]

Tracked on 2006.04.09 at 07:02 AM

« はやぶさは生きていた | Main | あまりにあんまりな記事にがっくり来る »