« 「未来への遺産」の音楽に溺れる | Main | 財務省のご意見箱に投稿する »

2006.10.12

宣伝:10月20日(金曜日)と11月2日(木曜日)、ロフトプラスワンのライブトークに出演します

 いけない、気が付くとまた一ヶ月近く更新が空いてしまっている。

 この間、内之浦のM-V7号機打ち上げ取材を挟みつつ、ひたすら本を書き続けてきた。一昨日やっと脱稿したところ。12月発売予定です。発売間近になったら、この場で告知します。

 今回はロフトプラスワンのライブトークイベントの告知。

 10/20は「はやぶさライブ」第二弾。今回は、いかにして「はやぶさ」を小惑星イトカワに届かせたか、というテーマです。

 11/2は、アーティスト系の人たちと野田司令を迎えて、「個人の意志で宇宙に行くには」ということを話し合います。でるか、あのプロジェクトの進捗状況?
 ロフト斎藤さんが、色々な人に出演交渉をしているそうなので、もう少し出演者は増えるかも知れません。

●10/20(金)
宇宙作家クラブpresents
「はやぶさは飛翔した」

 昨年11月に小惑星イトカワへの着陸で、ぼくらを熱狂させた小惑星探査機「はやぶさ」。だが、「はやぶさ」がイトカワに向かうまでの道のりもまた途方もない挑戦だった。
 日本が初めて行ったイオンエンジンによる惑星間航行。
 そして、探査機が宇宙のどのあたりを飛んでいるかを調べて、イトカワにランデブーさせる軌道計画を立案するナビゲーション。
 JAXA宇宙科学研究本部の、イオンエンジンとナビゲーションのエキスパートを迎えて送る「はやぶさライブ」第二弾。

【Guest】國中均(JAXA/ISAS イオンエンジンを担当)、吉川真(JAXA/ISAS ナビゲーションを担当)

【出演】松浦晋也(ノンフィクション・ライター)、笹本祐一(作家/予定)、浅利義遠(漫画家/予定)

場所:ロフトプラスワン(新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 03-3205-6864、地図)

Open18:30/Start19:30
¥1200(飲食別)
当日券のみ

●11/2(木)
宇宙作家クラブpresents
「ロケットまつりS」
 宇宙開発は、国家機関だけのものか。国の事業でなければ宇宙には行けないのか。
 否、断じて否。
 宇宙に行きたいと思う者すべてに、宇宙開発を行う権利がある。
 自分こそが宇宙に行きたい連中が集まって、あるいは熱く、あるいは気楽に、宇宙開発を巡る本音を語る。

【出演】野田司令、松浦晋也、(ノンフィクション・ライター)八谷和彦(メディアアーティスト)、藤谷文子(作家/女優/予定)、笹本祐一(作家/予定)、佐藤大、他!

場所:ロフトプラスワン(新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 03-3205-6864、地図)

Open18:30/Start19:30
¥1000(飲食別)


 と、いいつつ、もう次の本の進行が始まっているのだ。ええ、仕事があるのはいいことです。本当に。

|

« 「未来への遺産」の音楽に溺れる | Main | 財務省のご意見箱に投稿する »

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宣伝:10月20日(金曜日)と11月2日(木曜日)、ロフトプラスワンのライブトークに出演します:

» 「やはぶさ2」とその応援方法について [ほげほげぶろぐ]
・宇宙研一般公開 - 後継機に関する新情報も (1)(MYCOMジャーナル) ・JAXA川口プロマネが講演、後継機"はやぶさ-2"にも意欲を (2)(MYCOM [Read More]

Tracked on 2006.10.23 11:49 PM

« 「未来への遺産」の音楽に溺れる | Main | 財務省のご意見箱に投稿する »