« 宣伝:9月30日(日曜日)、新宿・ロフトプラスワンのトークライブ「ロケットまつり18」に出演します | Main | 「コダワリ人」その後 »

2007.09.08

きさくの燃麺を食べる

 色々書きたいことは多いのだが、まずは気楽なところから。

 以前も紹介した広島の汁なし担々麺の「きさく」(楽天内通販ショップ)だが、メニューを増やしている。

に、加えていつの間にか


が、メニューに加わっていた。

 この夏、燃麺を取り寄せて食べたのだが、これがなかなか良い。

 きさくの汁なし担々麺は辛くておいしいのだが、私のような辛党には一つ問題があった。がつがつとあっという間に食べてしまいがちなのだ。楽しんで食べることがなかなかできないのである。これは極辛汁なし担々麺であっても同じであった。極辛といいつつ、食べる勢いを押しとどめるほどは辛くないのである。

 ところが、この燃麺は、本当に辛い。がつんと来るほど辛い。一口食べると、しばし箸を止めないとたまらないほどに辛い。

 しかもうま味は通常の汁なし担々麺と変わらない。

 これをがっつける人は、よほどの辛党だろう。少なくとも私にはできない。そしてこれならしっかりゆっくりと味わいつつ、なおかつ強烈な辛味も楽しむことができるのである。通常の汁なし担々麺よりちと高いが、それだけの価値はある。

 これはいい。葱を刻んで半熟卵を落としてまず一杯。残った汁に白いご飯を入れて、さらに一杯。今年の暑い夏、実に楽しめた。

 ここの担々麺は唐辛子の辛味だけではなく、ちゃんと山椒の「麻」の辛さ効いていて、しかもうま味も感じるというのがよろしい。基本的にジャンクな食べ物であり、毎日食ってはいかんと思うのだけれど、それでも私は好きだ。

 と言う訳で、辛党の皆様、お薦めですよ。

こちらは、燃麺2、通常の汁なし担々麺2のセット(2250円)。「さすがに燃麺4食セットを初めて買うのは怖い」という人向けだろう。

 なお、楽天の通販を使う時には、申し込みページの一番下にあるダイレクトメール受け取りのチェックを必ず外すこと。これまた以前書いたが楽天のeメールマーケティングは、相変わらず稚拙で、ユーザーの反感を買うようなことを平気で続けている。いい加減、メール不要をデフォルトにすべきなのだが、態度を改める様子はない。

|

« 宣伝:9月30日(日曜日)、新宿・ロフトプラスワンのトークライブ「ロケットまつり18」に出演します | Main | 「コダワリ人」その後 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

昔、インスタントラーメンで「リュウショウメン」?と言うのがあり、辛くて何度もご飯が食べられると喜んで食べていた覚えがあります。
最近だと辛ラーメンですか
http://www.nongshim.co.jp/
けっこうきますよ。100円台にしては。


Posted by: DVDを見せたがる男 | 2007.09.09 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/16383509

Listed below are links to weblogs that reference きさくの燃麺を食べる:

« 宣伝:9月30日(日曜日)、新宿・ロフトプラスワンのトークライブ「ロケットまつり18」に出演します | Main | 「コダワリ人」その後 »