« つくばりんりんロードを走る | Main | 知っていることと知りたいこと、知らないこと »

2008.01.16

はやぶさ2、ASIが正式検討を開始

 14日から今日までの日程で、沖縄で国際始原天体探査ワーキンググループ(IPEWG)という会合が開催されている。小惑星探査の世界的な連絡組織の立ち上げだ。JAXA/JSPECが、この分野で国際的な主導権を持つ国際協力をリードしていこうとしている現れである。

 取材に行きたかったが、どうしても行けなかった。それでも現地から情報はぼつぼつと入ってくる。

 イタリア宇宙機関(ASI)は、「はやぶさ2」打ち上げにベガロケットを使う検討を正式にはじめたことを公表したそうだ。

 さあ、面白くなってきた。

 見えてきたのは、「はやぶさ」が国際的にいかに高く評価されているかということだ。なぜ高く評価されているのかといえば、それまで誰もやったことがなかったこと、しかも大きな意味のあることを、独力で成し遂げたからだ。

 このことは、今後の日本の宇宙科学、それのみならず宇宙開発全体の指針になるのではないか。

  • 誰もやっていないことで
  • 本当に意味のあることを見抜き(はやぶさの場合は始原天体としての小惑星の探査。なかんずくサンプルリターン)
  • 持てる技術とリソースの範囲内で実現可能な計画にまとめあげ
  • それを独力で成し遂げること

 この観点からして、JAXAの次の中期計画はどう評価できるだろうか。「かぐや2」は? 準天頂衛星は? 防災衛星は? GXロケットは? HTVは?  H-IIBは?

「それができたら、日本と是非とも協力したい。ロケットぐらい提供したっていい」と外国に思わせるだけのミッションになっているだろうか。

|

« つくばりんりんロードを走る | Main | 知っていることと知りたいこと、知らないこと »

はやぶさリンク」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

日本の探査機を他所のロケットで打ち上げると言うのも夢ではなくなってきました。
国際的な枠組みの中で旧ISASが惑星探査を行う道筋ができた事は良いことと思います。
ただこうした寄り合い所帯では他方の予算緊縮や開発の遅れでズルズルと全体計画が遅れて行くことはよく発生します。担当者の交渉能力、チームのマネジメント能力などが、より必要とされます。

また米国エツクス・プライズ財団のグーグル・ルナ・チャレンジと日本のかぐや2(ムーンランダー)がほぼ同じコンセプト、同じ時期の月着陸を目指すということで、両方を興味深く見ております。


Posted by: DVDを見せたがる男 | 2008.01.16 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/17713818

Listed below are links to weblogs that reference はやぶさ2、ASIが正式検討を開始:

» 一日間違えた [Renana 3rd]
今日が17日だと思ってましたw#注:私の一日は28時間あります(ぉ最近どうも眠り... [Read More]

Tracked on 2008.01.17 at 01:13 AM

» ASI、公式にはやぶさ2打ち上げ検討を開始 [Shattered sky]
松浦晋也のL/Dより イタリア宇宙機関(ASI)は先日行われた国際始原天体探査ワーキンググループで JAXAのはやぶさ2をASIのベガロケットで打ち上げることを公式に検討し始めたことを公表したようです。 松浦さんも書いてますが、本当に面白くなってきましたね。 打...... [Read More]

Tracked on 2008.01.18 at 12:17 AM

» GXロケットの行方 [ザッキ]
(JAXAから転載) 『ギャラクシーエクスプレス』が母体となって開発中のGXロ [Read More]

Tracked on 2008.02.03 at 04:23 PM

« つくばりんりんロードを走る | Main | 知っていることと知りたいこと、知らないこと »