« 美しい画面表示をするWindows版Safari | Main | BD-Frog:ステムを交換する »

2008.03.22

書籍紹介:小林泰三「天体の回転について」「モザイク事件帳」

 書評の仕事をやっていてうれしいのは、どんどん読むべき本が送られてくることだ。一方でつらいのは、読みたい本を読む前に書評候補の本を読まねばならないこと、その結果読みたい本を読む時間をとれなくなってしまうことだ。

 色々と本を贈呈されることもあるのだけれど、どうしても書評仕事が優先してしまい、なかなか読む時間を作れないということが多い。

 申し訳ないので、今後本を贈呈された場合、読んでなくてもどんどんここで紹介していくことにした。まずは、最近続けて出版された小林泰三さんの本を2冊紹介する。


 「あの小林泰三が」「こんな萌え系表紙で」「地動説を主張したコペルニクスの著作と同じ題名の本を出した」——これだけで著者の性格の悪さは分かろうというもの。「僕って抒情派ですから、こういうものを書いちゃうんですよね」といってぐふふと笑う顔が目に浮かぶ。内容は「海を見る人」と同じ論理性を重視したハードSFのようだ。ああ、早く読みたい。

 などと読まずに言っていたら、きっと肩すかしを食わされるのだろうな。

 小林さんについては冬樹蛉さんが、小林泰三は、その明晰な論理性とクールなルックスに反して、根が“いちびり”なのだと、見事な分析を行っている。私からこれに付け加えることはない。いつぞやの牛祭り(分からん人には分からんでしょうが、そういうことがあったのです)における見事なマタドールっぷりは、彼の頭の良さと脱倫理性(反倫理ではないところに注意)、そしていちびりを余すところなく示していたと思う。

 そういえば、冬樹さんが作ったデビルマンの替え歌で「小林君」というのもあったな。「オバケのQ太郎」(最初のアニメ化の時の主題歌)の替え歌もあって、確かこんなんだった(作者は田中哲弥さんだったか)。



ぐ・ふ・ふー

こばやーし君

ぼーくは小林泰三

あたまーのてっぺんに

手が三本、手が三本



 いやいや、こんなことばかり書いてはいけない。ハードSF愛好家としては、同年代で野尻抱介林譲治小林泰三と3人の作家が活躍していることは、とてもうれしく、ありがたいことだと思っている。


 基本的に小林さんはハードSFの人だと思うのだけれど、その強固な論理性は当然のごとくミステリーにも発揮される。こちらはミステリー短編集。アマゾンの書評を読むと、マッドサイエンティストに記憶障害の探偵、超天才殺人者といった面子が探偵役を務めるらしい。「密室・殺人」では、空前絶後のとんでもない探偵を登場させた彼のことだから、この本でも色々とひねりの効いたことをやっているのだろう。


 やはり、読んでいない本を紹介するのは難しい。はやいところ仕事を片づけて、小林さんの本を読まないと。

|

« 美しい画面表示をするWindows版Safari | Main | BD-Frog:ステムを交換する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

どうもご紹介ありがとうございます。

ところで、本人は物凄く真面目に書いているのに、どうして会う人こどに「いちびっている」と言われてしまうのでしょうか?

全くもって不思議です。

Posted by: 小林泰三 | 2008.03.24 09:35 PM

>全くもって不思議です。

 きっと真顔でそういうことを言っちゃうからだと思います。

 読まずの紹介、申し訳ありませんでした。読んでからもう一度きちんと換装を書きます。

Posted by: 松浦晋也 | 2008.03.27 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書籍紹介:小林泰三「天体の回転について」「モザイク事件帳」:

« 美しい画面表示をするWindows版Safari | Main | BD-Frog:ステムを交換する »