« 大元帥に花束を | Main | 2つの映像アーカイブ »

2008.06.07

BD-Frog:ハンドルを切りつめる


Handle1_2 BD-Frogのハンドルは、購入当初から気になっていた。少々長くて私の手ででは、シフターに親指が届かない。ハンドルバーだけではなく、エルゴンのグリップをも切りつめる必要があるので、少々ためらっていたのだが、過日思い切ってやってみた。


Handle2 左右共に1.5cm切りつめてみた、切ること自体は大して難しくはない。金ノコ一丁で済む。やってみると、手を持ち替えることなくシフターに親指が届くようになった。数十kmほど走ったが、切りつめたことによるデメリットは別に感じない。もっと早くこうすれば良かった。


Handle3 もちろん、切ったことによっていくらかは軽くなるはずである。ふむ、17gの軽量化か。


Asarisuddle あさりさんから、中古のより軽いサドルが届いた。さっそく交換する。サドルには135gと書いてあるが、実測値は152g。これまで付けていたサドルが237.5gだから、85.5gの軽量化だ。


Chainguard フロントのチェーンリングについていたガードがネジの脱落で割れてしまった。もちろんはずす。乗るときにズボンの裾をバンドで止めるようにすればいいだけの話だ。

 43gか…取り付け用ネジは1本1g強で5本だったから、ネジを含めてまあ48gぐらいだな。

Frog0806
 というわけで、また150.5g軽くなったBD-Frog。ここまでで、トータル657.5g軽くなった。目標の1kg軽量化まで、あと340gあまりだ。  

|

« 大元帥に花束を | Main | 2つの映像アーカイブ »

趣味」カテゴリの記事

メカニズム」カテゴリの記事

BD-Frog」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BD-Frog:ハンドルを切りつめる:

« 大元帥に花束を | Main | 2つの映像アーカイブ »