« ヒルクライムで負ける | Main | BD-Frog:ハンドルを切りつめる »

2008.06.06

大元帥に花束を

 多分最初に読んだのは、母方の叔父が実家においていったSFマガジン。野田宏一郎名義の連載「SF英雄群像」ジェイムスン教授の回。小学5年生だった。

 はまったというか、見事にひっかかったのは中学1年の時にハヤカワSF文庫2ケタ台でばんばん出たキャプテンフューチャーのシリーズ。何度読み返したか分からないぐらい読んた。あのシリーズは自分の宝物だった。

 サンケイの第二次世界大戦ブックスのいくつかの翻訳、例えば「モスキート」あたりも、記憶に残っている。誰が翻訳したか一目瞭然の、はずむような文体だった。

 直接お会いしたのは数回。SFマガジンに掲載された(2001年12月号)野田野田対談をまとめたときは、事前に周囲から「大元帥はめちゃくちゃしゃべるから注意しろよ」と言われた。が、実際には野田司令のほうがしゃべりまくり、大元帥は喜んでその話を聞いていた。

 気が付くと、ずいぶんと影響を受けているのだった。

 だから、大元帥に花束を。

 本日、SF作家・翻訳家にして宇宙軍大元帥、野田昌宏氏逝去。

|

« ヒルクライムで負ける | Main | BD-Frog:ハンドルを切りつめる »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

クリスチャンだったのですね。
個人の魂に安らぎを祈らせていただきます。

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20080606-00766/1.htm
> 野田昌宏氏(SF作家)が死去
>
> 2008年6月6日(金)22時54分配信 読売新聞
>
>  野田昌宏氏(のだ・まさひろ、本名・宏一郎=こういちろう=SF作家)6日、肺炎で死去。74歳。告別式は9日午後0時30分、東京都文京区関口3の16の15東京カテドラル聖マリア大聖堂。喪主は弟、玲二郎氏。
>
>  フジテレビで「ひらけ!ポンキッキ」など人気子ども番組を製作する傍ら、「キャプテン・フューチャー」の翻訳などで活躍。米SF雑誌の収集でも知られ「宇宙大元帥」の呼び名で親しまれた。1995年、「『科学小説』神髄」で日本SF大賞特別賞。

Posted by: MUTI | 2008.06.07 at 06:34 PM

>野田野田対談
ぜひ読んでみたいのですが、本や何かに収録されたりしていますか?

Posted by: 質問ですが | 2008.06.09 at 01:03 PM

 野田野田対談はSFマガジンに掲載されただけです。申し訳ないのですが、読みたければSFマガジン2001年12月号を捜してください。

 どこかで再公開したいところではありますが、大元帥のご遺族の了解が必要になるでしょう。

Posted by: 松浦晋也 | 2008.06.10 at 03:57 PM

提案ですが、早川書房から再度出版されてはいかがでしょうか?

ご遺族の同意も得られるのではと思います。

Posted by: DVDを見せたがる男 | 2008.06.11 at 09:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/41444658

Listed below are links to weblogs that reference 大元帥に花束を:

« ヒルクライムで負ける | Main | BD-Frog:ハンドルを切りつめる »