« イモリとカエルと宇宙生物実験 | Main | 【重要】4月3日の宇宙開発戦略本部会合の資料をアップしました »

2009.04.04

杞憂のような事態に備える

 いよいよ、北朝鮮が、「衛星打ち上げ」を実施するとした4月4日〜8日の期間に入った。時刻は毎日午前11時~午後4時。

 天候に問題がなく、ロケットや射点設備などにトラブルが出なければ、一番早いタイミングである本日午前11時に打ち上げる可能性が高い。条件が揃わなかったり、トラブルが出たりしたら、順延していくわけである。 毎日の打ち上げ時刻に5時間もの幅があるということからして、ペイロードはシビアに太陽光が入射する方向を選ぶ複雑な衛星ではないだろう。

 日本に落下する可能性があるということで、地方自治体などかなり緊張しているようだが、基本的に日本本土に落ちてくる確率はかなり低いと言いうる。さらに、下に人がいる確率となるとさらに下がる。はっきりいえば、杞憂に近い。

 北朝鮮が公開した危険水域から判断する限り、日本領海・領土への落下は、第1段分離、第2段点火直後の、ごくごく限られた時間帯にエンジンが停止するなどの事故が起きない限りありえない。その確率はかなり低い(意図的に日本を狙うなら、小さなノドンのほうが適している)。

 北朝鮮も、失敗の場合に被害を拡大しない最低限の良識はわきまえているようだ。

打ち上げ失敗なら「自爆」=北朝鮮関係筋(時事通信 2009/04/03-20:24)

北朝鮮のミサイル発射問題で、北朝鮮関係筋は3日、発射物を制御できなかった場合、「(北朝鮮は)自爆させる」と語った。
 同筋は、北朝鮮が2006年7月に発射し、直後に空中分解した弾道ミサイル・テポドン2号について、「発射から40数秒後に自爆させた。打ち上げの失敗ではない」と説明。今回の発射でも「失敗したときに自爆させる措置は施してあるはずだ」と強調した。

 最後の「はずだ」というのが、ちょっと不気味ではあるけれども、衛星打ち上げロケットには万一のトラブルに備えて指令破壊の仕組みを組み込んでおくのが普通である。あらかじめ「予定のコースや速度をこれだけはずれたら、地上からのコマンドで破壊する」と決めておくのだ。通常は推進剤タンクを火薬で割る。割れたタンクから推進剤が放出され、燃料と酸化剤jが混合して爆発。ロケットは破片となって落下する。

 しかし、2006年の打ち上げが失敗ではないというのは、強弁し過ぎ。失敗がはっきりしたからこそ、地上から自爆コマンドを送信したのだろう。彼らが主張する前回の動作実績からすると、北朝鮮の指令破壊に関する技術はそれなりに信用できそうだ。

 上空で破壊すれば、毒性を持つ推進剤がそのまま地上に落下するということを防げる。推進剤満載のロケットが落下して爆発、さらには毒性を持つ推進剤が地上で拡散して大被害発生ということにはならないわけだ。
 そもそも、もっとも大量の推進剤を積んでいる第1段は日本に届かないし、第2段もエンジン点火後は刻一刻と推進剤を消費して加速していく。推進剤がかなり残ったまま、第2段が日本に落下するとなると、かなりタイミング良く故障を起こさなくてはならない。

 飛行コースの下に住む者にとって、今回の打ち上げの危険性は落雷と同じだ。心配して身を固くしていたら当たらないというものではないのだから、自分のできる範囲で確率を下げるしかない。

 北朝鮮が設定した危険水域に近づかないこと。これに尽きる。あとは日常通りに行動していて問題はないだろう。万が一、打ち上げが失敗して破片や残骸が落下してきたのを見つけたら、決して近づかないで、速やかに公的機関に連絡すること。彼らのロケットはUDMH(非対称ジメチルヒドラジン)という毒物を推進剤に使っている。

 ここで、「さすが北朝鮮、毒物を使うのかww」などと考えるのは勘違い。UDMHは、宇宙開発の世界ではごく普通に推進剤として使われている物質である。

 打ち上げは、どんなに余裕を見て長く考えても、せいぜい20分程度で終わる。日本政府は地方自治体に打ち上げ後5〜10分で通達するとしているので、政府から通達があってから、長くても15分もすればすべては終わっている。
 一部の自治体では、「いつ警戒を解除すればいいのか」という戸惑いが出ているが、日本政府から「北朝鮮が打ち上げたぞ」という通達があってから最長で15分は警戒、その後は万一の「落下物が見つかった」というような事態に備えて情報収集という流れで構わないだろう。政府から「警戒解除」の通達があるまで身を固くして緊張している必要はない。おそらくは、お役所仕事の「政府通達」は大分遅れるであろうし。

 しかし、北朝鮮は国際的に不快なプレッシャーを振りまくことにかけては達者なものである。世界中のどこであれ、宇宙への進出の試みには賛成する私だが、今回ばかりは「射点で爆発して設備ごと崩壊してくれるとうれしい」と思わずにはいられない。

 宇宙開発がしたいなら、核の保有も含めて、もっと行儀良く振る舞ってもらわないと、ね。

|

« イモリとカエルと宇宙生物実験 | Main | 【重要】4月3日の宇宙開発戦略本部会合の資料をアップしました »

ニュース」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

>「発射から40数秒後に自爆させた。打ち上げの失敗ではない」

たぶん「こちらの意図したとおりに自爆させたのであって、勝手に
爆発したんじゃないよ」と言いたいんでしょうね。

Posted by: shin | 2009.04.04 at 10:39 AM

初歩的な質問で恐縮なのですがあの国には衛星打ち上げロケットの軌道を追跡管制する設備・能力・他国とのネットワークなどが存在しているのでしょうか?
日米が総力を挙げて観測しても軌道解析には数分かかると報道されているのですが、あちらさんの管制能力で万一の時の自爆指令が間に合うのかなあと思ってしまうのですがいかがでしょう。

Posted by: 空天 | 2009.04.04 at 10:47 AM

>今回ばかりは「射点で爆発して設備ごと崩壊してくれるとうれしい」と思わずにはいられない。

同感です。

Posted by: masa | 2009.04.04 at 03:28 PM

酸化剤の硝酸もあります。
まあ落下物に近寄らない、触らないということで危険性は低減できると思います。

それよりも本日の誤報の件、いかに現場レベルがピリピリしているか想像できます。
キューバ危機でのアメリカ側の内実を伝える
「13日間―キューバ危機回顧録 (中公文庫BIBLIO20世紀) 」
を読む方がこうした危機の場合に、取り得る最良の選択を選ぶことができると思いますが。

日米や周辺国をあわてさせる事、それこそ北朝鮮側の意図するところではないでしょうか?

もう少しうがって見れば、仮に北朝鮮側が各国の報道陣に向かって
「これが運搬ロケットの銀河2号、そしてこちらが衛星の・・・」
と射場や打ち上げ施設を公開し、
「人工衛星計画の責任者**博士の記者会見」
などを行っていたどうなったでしょうか?
興味深い展開になったと思います。

Posted by: DVDを見せたがる男 | 2009.04.04 at 10:50 PM

松浦様こんにちは
いつも楽しく読ませていただいています。
ご説明を拝見して、私も人工衛星ではないかと思いますし、そうすると必然的に東北上空を通るのは理解できます。
では、同国は衛星をどう打ち上げるのが正解なのでしょうか?
今と同じでも、情報の開示のリアルタイム性を向上するとか、指令破壊の信頼性を上げればよいのでしょうか? それとも、日本や欧州に打ち上げを依頼するべきなのでしょうか?
韓国がどうやっているのかも気になります。

Posted by: dsp | 2009.04.04 at 11:30 PM

残念なことに、地球の地理はどの国にも平等ではありません。(他国に迷惑を掛けないために)「衛星を打ち上げてはいけない国」というのが存在するのです。例えば韓国は最近、射場を建設していますが、これも実は大問題です。東に打てば日本の陸上上空を通ってしまいます。その為、南に打つと言ってますが、こちらも南西諸島上空を通っちゃうんですよね。しかもこの問題に対して、日韓では十分に話し合いがされて居らず、今後のトラブルの種になることが予想されています。

イスラエルなんかは東側に喧嘩相手が一杯いるので、膨大なエネルギーロスを我慢して西に向かって打ち上げるなどと言うこともしてますよね。
そう言う意味では、東に太平洋を抱える日本は非常に幸運な立地条件を持っております。

しかし一方で、これを「宇宙開発領域でのアジアにおける日本のプレゼンスを発揮する」という外交カードだと見るべきだと、僕は常々思っております。
今回の宇宙基本計画でも「年間5機とか7機」といった打ち上げプランが示されようとしておりますが、種子島射場は一杯一杯です。そこで、例えば硫黄島とか、あるいは昔に権益を獲得していたクリスマス島に、「アジア共通射場」を、日本資本で設立する。そこを各国が共同利用する形を取ることで、日本のリーダーシップを確保するというのは、ありうる将来像の一つだと、僕は思います。


もちろんこの問題は、シーラウンチ社のように「海上発射する」というような解も存在するので、方法は様々ですけどね。もうすぐ宇宙基本計画に対するパブリックコメントが開始されます。この機会にみんなでこの問題を考えられると良いのですが。

Posted by: akiaki | 2009.04.05 at 11:14 AM

松浦さんの論理で言えば、日本のロケットも射点で爆発して設備ごと崩壊してくれるとうれしいですね。

Posted by: otto | 2009.04.05 at 07:02 PM

今回の北朝鮮の行動は、恫喝的外交の材料にする示威行為であると同時に、兵器市場(それもテロ寄りの)に対するデモンストレーションだと思います。
なぜか日本を持ち出してるバカがいるようですが、確かにこれは、射場その他ごと消えてしまったほうがよいですね。
科学の発展に寄与する部分が皆無であるうえ国際情勢を確実に悪化させます。喜ぶのはテロリストや一部の民族主義者だけでしょう。

Posted by: RK | 2009.04.06 at 04:26 AM

日本のロケットも他の国からは脅威
と受け取られる場合があることを
ご存じない?

それはそう考えるその国の妄想だとしても
他の国からすれば日本も脅威なんですね。

どこの国の人も自分の国を基準に
ものを考えるのは同じ。日本人も
同じ。結局そういった他人への想像の欠如が
最後は戦争になっていくのだと思います。

書き込みにメアドが必要ですけど
ちゃんとしたものじゃないといけませんかね?
今回は架空アドレスですが必要な
きちんとしたメアドも用意します。
ここに書き込みする機会はあまり
ないと思いますが。

Posted by: toku | 2009.04.06 at 02:39 PM

松浦様はじめまして
ニコニコ生放送にて自民党山本一太議員が北朝鮮の飛翔体問題について生放送で語っておられましたが、
やはり「人工衛星なら真上(日本上空を通るのではなく)に打ち上げたらいい」という意味のコメントをされました。
あぁ・・・政治家がそれを言ってしまった・・・しかも1万人の目の前で・・・

Posted by: nano | 2009.04.07 at 08:36 PM

「人工衛星なら真上(日本上空を通るのではなく)に打ち上げたらいい」について、たとえば静止衛星をGTO経由せずに推力に任せて垂直に打ち上げることって技術的にできるんでしょうか?

多段式だとブースターが射点に落ちてくるので1段式でとか?

Posted by: miri | 2009.04.08 at 04:46 AM

>>miriさん
中東はイスラエルなんかは西方にロケットを打ち上げるので、ロケットを垂直に打ち上げることはできなくは無いと思いますが・・・
昨日の生放送では「そこまで解ってて言ってるのか」というと、そうではない感じでした。
細かいことを挙げるとキリがないですが、山本議員は「飛翔体ではなくミサイルというのべきだ」と根拠なく断言するなど、この問題に対してかなり乱暴な認識が目立ちました。
生放送を見ていたユーザーは恐らく未成年など若年層が大半と思われたので、いいのかなぁ・・・と思ってしまいました。

Posted by: nano | 2009.04.09 at 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19821/44558117

Listed below are links to weblogs that reference 杞憂のような事態に備える:

» 【予想】ミサイル?競馬終わってからにしてくれ。 [一口馬主の野望]
さてと、テポドンが本日ヒトヒトマルマルに発射されるそうですけど、土日はヤメてくんねえかなぁ。競馬に影響出ると迷惑だし。いや、本気で戦争やるってんなら自宅に居た方が何かと都合良さそうなんだけどね。どうせまた威嚇カマシてるだけでしょ。軍事・宇宙の専門家の方々も大したことは無さそうって言ってますから平気だろ。で、日本側は後日「遺憾の意」を表明するだけ。 先方さんは大分追いつめられてるみたいなんですけど、こっちは長期戦のスタンスなんで向こうの政権崩壊を待つしかないよねえ。困るなあ。競馬の邪魔だけ...... [Read More]

Tracked on 2009.04.04 at 09:35 AM

» 北朝鮮ミサイル問題 発射情報があったものの誤探知 [本質]
北朝鮮による弾道ミサイル「テポドン2」発射問題(ロケット「銀河2号」・人工衛星「 [Read More]

Tracked on 2009.04.04 at 12:47 PM

» 「騒ぐな」と 騒ぐ人たちの 騒がしさ(字余り) [玄倉川の岸辺]
今日は北朝鮮の怪しいロケットは飛ばなかったようで、いっそこのままやめてくれたらいちばん結構でありますが、まあたぶん数日中に打ち上げるんでしょう。各方面で対応させられる方々にご同情申し上げます。 そんでもって、何よりも鬱陶しいのはミサイル祭りだか人工衛星祭りだかに乗じて騒いでる方々。 はっきり言えば主に左のほうの先生方のことだ。「政府は(日本人は)騒ぐな!」と主張するお方がいちばん騒がしいんだから始末に負えない。まあ、よくあることではありますが。かの北朝鮮も「静かに平和に暮らしているわれわれを米帝と... [Read More]

Tracked on 2009.04.04 at 08:20 PM

« イモリとカエルと宇宙生物実験 | Main | 【重要】4月3日の宇宙開発戦略本部会合の資料をアップしました »