« 「現代萌衛星図鑑」、好評発売中! | Main | アイマスMadふたたび »

2009.06.14

書籍紹介:「ルナ・シューター」(林譲治)

   
 林譲治「ルナ・シューター」 (幻狼ファンタジアノベルス)が3巻で完結した。面白かった。


 2025年、月に人間とは異なる知性体が出現し、人類と戦闘状態に突入する。敵は人間のような形状をした「ラミア」。ラミアはロボットなのか、ヒューマノイドなのか、知性体なのか、別の知性体が作り出した道具なのか、そもそもどこから来たのか、何の為に来たのか、皆目分からない。
 地球からの補給が限られる月面での戦闘は困難を極めた。最小の物資と損害で最大の戦果を挙げるため、人類が採用した戦闘法は、遠距離からの狙撃だった。

 第1巻では、月面での長距離狙撃戦が展開する。第2巻では月面に駐在する軍隊内の軋轢と、その結果の暴走がとんでもない結果を呼び込む。第3巻では一気にハードSF成分が増え、様々なSFガジェットが組み合わされ、驚愕のラストへと至る。

 特筆すべきは、月面の緻密な描写だ。会津大学の平田成さんと寺薗淳也さんがアドバイザーとなっただけのことはある。月面での時間経過を微小隕石が作るマイクロクレーターの数で測定したり、レゴリスを使ってあるメカニズムを冷却するなど、月面ならではの描写が次々に出てくる。
 もちろん林作品に通底する組織と人間、情報と社会という視点は健在だ。特に3巻は敵対する2勢力にとって共に有害な情報が、とんでもない仕掛けと一緒に登場する。

 このシリーズは「かぐや以降の月SF」と名乗る資格十分と言えるだろう。「2010年宇宙の旅」で、A・C・クラークは当初木星探査機ガリレオの観測データを使う予定だったが、ガリレオ打ち上げが遅れたため、データを待たずに2010年を書き上げた、という話を思い出した。逆に「ルナ・シューター」は、かぐやの観測結果をかなり色々と利用できたわけである。

 早晩、かぐやの観測データはネットで公開されることになるだろうが、それを使っての新しい月SFもまた、今後期待していいのだろう。
 特にかぐやで月に興味を持った方にはお薦めだ。

|

« 「現代萌衛星図鑑」、好評発売中! | Main | アイマスMadふたたび »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

その敵の正体は、某国が送り込んだ二足歩行ロボットだった、というオチではないですよね?

Posted by: Prius | 2009.06.15 11:12 AM

デザイン的には先行者レベルだけどね

Posted by: 名無しさん | 2009.06.19 04:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書籍紹介:「ルナ・シューター」(林譲治):

» JAXA関係者が相次いで怪死─「かぐやが追ってくる…」謎のことば残し [bogusnews]
資料写真: 来る…きっと来る… → amazonで詳細情報を確認 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術者らが、12日以降あいついで謎の怪死を遂げていることがわかった。直接の死因はいずれも心臓発作だが、遺体を見た関係者はいずれも「この世のものとは思えないおぞまし..... [Read More]

Tracked on 2009.06.15 06:17 PM

« 「現代萌衛星図鑑」、好評発売中! | Main | アイマスMadふたたび »