« はやぶさリンク:はやぶさ2はサンプルリターン機・インパクターの2機構成に | Main | モデルグラフィックス誌9月号に、しきしまさんと共に出ています »

2009.07.25

はやぶさリンク:JAXA相模原一般公開での「はやぶさ2」展示

Hayabusa21
一般公開のポスターに掲載された、着陸帰還機と衝突機

 昨日のはやぶさ2はサンプルリターン機・インパクターの2機構成にについての補足だ。本日25日、JAXA相模原キャンパスの一般公開に行って、少し話を聞いてきた。以下、訂正と補足である。サンプルリターン機と書いていたものは、日本語正式名称は「着陸帰還機」、インパクターは「衝突機」という名称だった。

 以下箇条書きにする。

  • 衝突機は、イオンエンジンも観測機器も持たない。
  • 衝突機はやや小さい。着陸帰還機が500kg程度なのに対して、衝突機は300kg程度。推進系はイオンエンジンを搭載せずに化学推進系のみを使用。
  • 衝突機は、通信系は最低限のもの、センサーは衝突時の誘導用のもののみ。いかに安く作るかが勝負。
  • 打ち上げはH-IIAを予定。H-IIAを使えるだけの予算を確保するのが目標。
  • 着陸帰還機はイオン推進、地球スイングバイ。衝突機は地球スイングバイのみ。それぞれ別の軌道に投入する。
  • 着陸帰還機は、目標天体の1999JU3に到達後、1年間に渡って表面の観測を行い、またサンプル採取を実施する。
  • 衝突機は、1年遅れて1999JU3に到達。相対速度3〜4km/sで衝突。直径15m前後のクレーターができることを期待。
  • 衝突時、着陸帰還機は安全な距離まで待避し、光学センサーで衝突を観測。
  • 衝突後に再度表面を観測。個別の岩石の移動状況を調査することで、内部構造を推定する。
  • 可能と判断できれば、衝突で生成したクレーター内部からのサンプル採取も実施する。
  • 衝突は、小惑星帯形成における重要な要素であり、人工衝突実験は学問的価値が高い。
  • 地球に小天体が衝突するのを防止する、スペースガード構想の初期実験としても意味がある。
  • 2014年打ち上げ、2020年帰還を目指す。

 ポスター展示を撮影したので、そのまま掲載する。これを読めば、現状がほぼ分かるだろう。



Hayabusa22

Hayabusa23

Hayabusa24

Hayabusa25

 関係学会からの支援文書も公表されていた。文書を出したのは、日本鉱物科学会、日本地球化学学会、日本スペースガード協会。



Hayabusa2voice1

 すべて2008年10〜11月にかけての日付であり、この時期に「ほんとうにはやぶさ2ミッションは、サイエンス的な意義があるのか」を巡って、JAXA内部で激論があったらしいことが推察される。すべて、文書が読める解像度で、掲載する。

Mine
日本鉱物科学会

Earthchem
日本地球化学学会

Spaceguard
日本スペースガード協会

 ひとつ大きな疑問がある。惑星科学を専門とする日本惑星科学会は、「はやぶさ2」支持声明を出さなかったのだろうか。科学者にすれば、「はやぶさ2」は、JAXAの予算で論文を書くチャンスのはずなのだ。

 日本惑星科学会 学会概要には以下のようにある。

日本での惑星科学研究

結構大変な状況ではありますが, 国産のロケットもあり, 月, 火星, 金星への探査, 惑星間物質のサンプル取得計画も進行中で, 鋭意奮闘努力中です.

 ここに、声明文がないということは、「鋭意奮闘努力していない」ということになるのだが、はて?

 この件に関して、説明者から納得のいく説明は得られなかった。

|

« はやぶさリンク:はやぶさ2はサンプルリターン機・インパクターの2機構成に | Main | モデルグラフィックス誌9月号に、しきしまさんと共に出ています »

宇宙開発」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

はやぶさリンク」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はやぶさリンク:JAXA相模原一般公開での「はやぶさ2」展示:

« はやぶさリンク:はやぶさ2はサンプルリターン機・インパクターの2機構成に | Main | モデルグラフィックス誌9月号に、しきしまさんと共に出ています »