« ウォルター・クロンカイト、旅立つ | Main | コンサート:101年目からの松平頼則 II »

2009.07.19

書籍紹介:「宇宙暮らしのススメ——小惑星移住計画」 野田 篤司 (著), あさり よしとお (イラスト)



壮大な夢は、受け入れられて、共感されることで、初めて実現への道を歩み始める。それが第一歩だ。——あとがきより

 当blogの常連さんには“野田司令”の通り名でおなじみの宇宙機エンジニア・野田篤司さんの著書が出た。それも、みごとなタイミングで。昨日読了したので紹介する。

 サブタイトルの通り、人類の宇宙進出を考察し、「これから有人宇宙開発を進めるとして、人類はいったいどこに向かって何をすべきなのか」に回答を出そうとした本だ。そしてなぜ“見事なタイミング”かといえば、内閣・宇宙開発戦略本部が、まさにそのことを話し合う会合を設立したばかりなのである。


 ●政府、有人月探査で懇談会発足 産業波及効果など検討へ(日経新聞 2009年7月18日)

 政府の宇宙開発戦略本部(本部長・麻生太郎首相)は有人月探査の実現性を検討する懇談会を発足する。2020年の無人探査計画や、その後の有人計画の具体策を詰める。

 (中略)

 今年まとまった政府の宇宙基本計画では、有人月探査に向けて20年には2足歩行ロボットで月面探査をする計画を決定。その後の宇宙飛行士の活動については、今後1年かけて検討するとしていた。日本単独で月探査を実施するには、コストや技術面の課題があるため、国際協力の道も探る方向だ。


 実は、この懇談会は設置時点ですでに、2つの点において失敗が宿命付けられている。

  1. 「月に行く」と最初から決めつけてしまっていること
  2. 「コストや技術面の課題がある」から「国際協力」だと最初から決めつけてしまっていること

 先入観ありきで話を進めると、たいていろくなことにはならない。

 野田さんの本が関わってくるのは1.のほうである。人類は宇宙に出て行くとして、いったいどこに行くとどんな展望が開けるのか——これは重大な問題だ。間違った場所に行けば、行ったはいいがその後の展開ができずにそこでおしまい、自動的に有人宇宙開発も終了ということになりかねない。
 そして、少し考えると「まず月に行く」というのが、夜空に隣の星として月が輝くのをずっと眺めてきた、地上に住む私たちの先入観であることに気が付く。

 “人類は、宇宙に出るにあたって、どこに行くべきか”は、先入観を排除して根本から徹底的に考えねばならない問題なのだ。

 本書は、その難問にベテラン宇宙機エンジニアが挑んだ結果だといえる。そして、きちんと結論を出している。

 サブタイトルにあるとおり「目指すは小惑星だ」と。

 月でも火星でもなく、小惑星なのだ。

 小惑星という答えに、納得できる人も納得できない人も、まずはこの本を読まねばならないだろう。

 野田さんは、「宇宙は広大だ」そして「宇宙では地上の常識と反する現象が色々起きる」ということの説明から始める。目次は以下の通り。眼目となるのは第三章なので、第三章のみ小見出しまで掲載する。

    はじめに
  • 第一章 宇宙は広大である
  • 第二章 宇宙の常識・非常識

  • 第三章 人類は宇宙に飛び出そう

    • 人類は宇宙に飛び出そう
    • 月に行っても資源がない!?
    • 火星に行くメリットはあるのか
    • 宇宙開発の狙い目は小惑星帯
    • 小惑星ってどんなところ?
    • 世界のトップを走る日本の小惑星探査
    • 星一つを独り占め! 小惑星をくりぬいて住もう
    • 小惑星開発の要は蒸気ロケットだ
    • 小惑星人の一日
    • 宇宙に出て、何が良いのか

  • おわりに

 内容の一部は、著者のblog「マツドサイエンティスト・研究日誌」にも掲載されている(【人類は宇宙へ飛び出そう まずは小惑星から】 目次からたどることができる)。が、一冊の本にまとまったことで見通しよく、理解しやすく整理され一貫したものとなっている。記述も平易で、多分理科に興味がある中学生なら読み通すことができるだろう。しかも内容面で手を抜いているわけではなく、きっちりと中身が詰まっている。

 野田解説を補足するあさりよしとおさんのマンガは、1ページものが全20ページ、「まんがサイエンス」の面々が登場して、野田さんの記述をさらにかみ砕いて(時にはブラックに)教えてくれる。

 最後の「宇宙に出て、何が良いのか」まで読んだ人は、著者が「なぜ人類が宇宙に出て行くのか」にまで答えを出していることに気が付くだろう。
 本人は「長いこと、30年ぐらいの間、考え続けているが、誰でも納得できる答えは未だ得ていない」とし、あるいは「それは論理的ではないのかもしれないし、むしろ直感的なのかも知れない」(共に本書p.138)と書いているけれども、私にはこのラストの答えは十分だという気がする。それは感動的な答えだ。

 さあ「人類ははどこに向かうべきなのか」、本書を読んだら自分で考えてみよう。疑問があったら検索してみよう。議論する相手がいるなら議論してみよう。

 月?、火星?、そうかも知れない。
 野田さんは、小惑星を推している。
 私は、火星の衛星フォボスはどうだろうとも考えている(何事も徹底して考え抜く習性のあるロシア人が、フォボスに執着しているしね)。
 あるいは、ガニメデ、カリスト、タイタンといった外惑星の衛星?
 内惑星は何か使い道はないだろうか、あるとしたらどんなものだろうか?
 それともいっそ宇宙空間を漂うことにする??


 さあ、あなたはどこに行きたい?
 そこにいって何がしたい?

 そこからさらに先に、どこを目指したい?


|

« ウォルター・クロンカイト、旅立つ | Main | コンサート:101年目からの松平頼則 II »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

パブコメの時に月ではなく小惑星と書いたが、手応え無かったな。ウチのは「5-278」ですけど。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/senmon/dai8/8siryou1.pdf
「いや、そういわないで月に行く往く逝く」が返事でしたね。

Posted by: pongchang | 2009.07.19 02:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書籍紹介:「宇宙暮らしのススメ——小惑星移住計画」 野田 篤司 (著), あさり よしとお (イラスト):

« ウォルター・クロンカイト、旅立つ | Main | コンサート:101年目からの松平頼則 II »