« 夏コミ、風虎通信の新刊、もう一冊はRD-170 | Main | 傍聴記録:月探査に関する懇談会 第1回会合 »

2009.08.03

書籍紹介:「日本の宇宙開発~果てなき空間への果てしなき夢~」(歴史群像シリーズ )


 Gakken
 先だって、同じ学研の「ロケットと宇宙開発」を紹介したばかりだが、また宇宙関連の本が学研から出た。それも「歴史群像シリーズ」の一冊である(書影がAmazonに登録されていないので、学研ホームページから借用した)。科学探査、宇宙ステーション、大学衛星、サブオービタルの宇宙観光旅行、そしてCAMUIロケットと、今話題を集めているトピックを網羅し、解説した本だ。

 私も「M-Vロケット廃止から読み解く、日本宇宙開発の変動」と題して12ページの記事を寄稿した。

 かなり多彩な人々が寄稿しているので、内容や論調には幅があり、雑多でもある。が、それだけ「日本宇宙開発の今」が詰まっている本だと言えるだろう。特に科学探査と、大学系の小規模宇宙開発の紹介には力が入っており、月探査機「かぐや」、小惑星探査機「はやぶさ」は巻頭特集だし、その他「のぞみ」「さきがけ」「すいせい」「LUNAR-A」「はるか」は独立したページ構成で紹介している。LUNAR-Aが紹介されているのにはびっくりしてしまった。大学衛星に関しても、来年金星探査機「PLANET-C」と同時にH-IIAロケットで打ち上げる大学初の新宇宙技術試験機「UNITEC-1」を中心に、衛星を開発している各大学の活動を、かなり細かく紹介している。
 種子島と内之浦の観光ガイドも付いており、打ち上げ見物のガイドブック的な性格も持たせてある。

 科学探査、国際宇宙ステーションの有人活動、大学の衛星やロケット開発、サブオービタル宇宙観光旅行——このセレクトは、「一般の人々が興味を持つ」という基準で行ったものだろう。きちんと、次期固体ロケット「イプシロン」にも紙幅を割いているというのは、ペンシルロケット以来の日本独自技術に対して、一般の人々の間にも愛着と誇りがあることを反映したものだろう。

 ここで逆に、本書が取り上げなかった事柄を考えると、色々見えてくるものもある。
 「日本の宇宙開発」という題名で分かるように、この本は、普段宇宙開発に興味を持ったことのない、ごく普通の人向けのムックだ。その本書が取り上げず、他方で宇宙基本計画にも入り、JAXAも力を入れているプロジェクトが存在する。

 JAXAは、なぜ本書のような一般向けに宇宙開発を網羅した本が、それらのプロジェクトをが取り上げないかを、よほど徹底的に考えないといけないと思う。重要なのに地味なせいなのか、広報が足りないのか、それとも、そもそも不要不急のプロジェクトに入れ込んでしまっているのか——一般向けの本だが、プロも本書を読むことで色々と得るものがあるはずだ。

|

« 夏コミ、風虎通信の新刊、もう一冊はRD-170 | Main | 傍聴記録:月探査に関する懇談会 第1回会合 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宇宙開発」カテゴリの記事

Comments

UNISEC-1 → UNITEC-1
です(^_^;

ところで学生ロケットに関しては取り上げられてないんですよね。こちらも実は、今が2回目の旬かと思っているのですが。来年3月に、飛躍に向けての大きな節目を迎えることになりそうです。

Posted by: akiaki | 2009.08.04 11:19 AM

 なおしておきました。指摘ありがとうございます。

 学生ロケットは、おそらく本格的なエンジン開発に取り組むところが出てきたら、大々的にメディアの興味を惹くんじゃないかと思いますよ。

Posted by: 松浦晋也 | 2009.08.04 04:33 PM

社会条件的には大学生のロケットでも高度100kmの宇宙を目指せそうですが、ロケットの専門家じゃない僕が言うのも何ですが、端から見てると多分あと2年ぐらい?したときに、一つ大きな技術的な山にぶつかるんだと思っています。
このあたりは今の学生達もわかってるんだけど、2年後ぐらいということで「自分達の次の世代が解決すべき問題」と思っているようです。

今の高校生、あるいは大学の1年生ぐらいに、そーいう問題を理解して貰って2年間ぐらい悪戦苦闘して貰えると、とんとんと行くんでしょうが。

でもその頃には、僕は自分が飛んでたいですねぇ、高度100km。

Posted by: akiaki | 2009.08.05 02:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書籍紹介:「日本の宇宙開発~果てなき空間への果てしなき夢~」(歴史群像シリーズ ):

« 夏コミ、風虎通信の新刊、もう一冊はRD-170 | Main | 傍聴記録:月探査に関する懇談会 第1回会合 »